パソコン上級者はお断り!初心者のためのパソコン選び方講座

記事更新日: 2018/11/28

ライター: ようくん

現代の生活では欠かせないものとなったパソコン。

仕事に私生活に娯楽に。

本当に何をやるにも必要となっておりますし、みんな持っている必需品となっております。

私自身も仕事や私生活で活用させていただいてます。

そんな生活質需品のパソコンが先日壊れてしまったので買いに行ったところ・・・とんでもなく高い!!

以前の記憶があまりなかったため、諭吉さん五枚持って行ったところ、まさか一番安いものしか買えないとは(笑)

そんな高額なパソコンにも関わらず、知識がないからどれを買えばいいのか全然わからない。

毎日使っているものなのにです。

店員さんは色々教えてくれるのですが、それが本当のことなのかもわからない始末。

仕方なくサイトを使って調べてみたのですが、これがまた難解できちんと理解するのに1週間もかかってしまいました。

パソコンって奥が深いですね。

パソコンは毎日使っているけど、どんなパソコンを買えばいいのかわからない!

そんな方のために、簡単に要点だけをまとめた良いパソコンの選び方をご紹介します。

上手く選べば費用をかなり抑えられますよ!

友人M

私も知りたい!

今のパソコン店員に薦められるまま買ったら15万円もしちゃって。

次はもっと自分にあったものが選べるようになりたい。

 

わかれば簡単!パソコン選びのポイント!

画像化

新品だと最低でも4~5万円。

通常、平均10万円前後の超高額な生活質需品のパソコン。

頻繁に買い替えるものでもないため、どれを買えば良いか。

どこを見れば良いのか全然分かりませんよね。

私もそうでした。

そしてネットを見たところ・・・専門知識が多すぎません?

明らかに初心者ではわからないような内容が。

そんな難解な文章を解読したところ、重要な点が5点あることがわかりました。

下記が重要度の順です。

1、自分の目的にあったパソコン

2、CPU(スペック)

3、メモリ(容量)

4、ストレージ(記憶量)

5、ソフト+その他

これらの情報をそれぞれわかりやすくまとめてみました。

 

一番大事!自分の目的にあったパソコンを。

パソコンを買う。

・・・とは言っても目的は一つではありません。

仕事に使う方もいれば調べものに使う人。

動画や音楽などを楽しみたい人。

オンラインゲームやチャットを楽しみたい人。

すべての機能が欲しい人。

本当に色々いますよね。

どのパソコンでも機能自体は備わっていますので使うだけでは問題はありません。

しかし、その速度があまりにも遅かったり、頻繁にフリーズしてしまったら嫌ではありませんか?

パソコンを買うときは自分の目的を明確化し、それにあったスペック、容量、大きさのものを買う必要があります。

友人M

全部一番良いものを買えばいいんじゃない?

 

ようくん

それができる人はねー。良いものだと、通常のパソコンの3倍4倍。

金額にすると、20万~30万円。

中にはそれ以上もあるけどMちゃんはいけそう?

友人M

それは確かに無理だね!

 

CPUはパソコンの頭脳

画像化

パソコンを選ぶうえで最も重要な要素の一つがCPU。

CPUとは簡単に言うとパソコンの頭脳の役割りを果たしています。

※難しく言うとパソコン内部の各装置への制御やデータの計算などを行う装置のこと

様々な作業をこなすパソコンにおいて、頭脳が優秀であることは非常に重要。

インターネットの検索やアプリの使用、動画や音楽の処理。

ゲームやアプリケーションのダウンロードなどパソコンの動作すべての時間をどれだけ短縮できるかはCPU次第です。

CPUが優秀かどうかは

①CPU内部に存在するプロセッサコアの数→平均目安4個

②定格クロックの値(CPUが1秒間に発生させるクロック回数の事)→平均目安2.6GHz

によって決まってきます。

この二つに関しては説明すると長くなりますので両方の値が高いほど性能が良い!と覚えておいてください。

また、近年のパソコンに搭載されるCPUは平均のデータを見ると、過去のものよりかなり優秀になっています。。

選ぶのが難しいのであれば、販売してから日があまりたっていないパソコンを選ぶというのも一つの手です。

 

メモリはパソコンの体?

画像化

メモリ(メモリモジュール)とは、簡単に言うと人間でいう体のような役割をもっています。

CPU(頭脳)が解析した仕事をどれだけ多く、同時に実行できるかはメモリの容量にかかっています。

どれだけ頭が良くても体が動かなければ作業ができない。

つまり、メモリはパソコンのデータ処理の速度・PC操作の体感速度などに大きく関係するパーツのことというわけです。

メモリには4GB、8GB、16GBのものがあります。

それぞれの容量の目的別目安(快適に使える容量)が下記になります。

4GB

インターネット検索・簡単なビジネス用途・ワード・エクセル・パワーポイント・簡単な画像・動画編集など。

8GB

本格的な動画編集・高画質な画像のリペア・イラスト・製図(CAD等)・Adobe系ソフト・グラフィックが軽めの3Dゲームなど。

16GB

オンラインゲーム全般・VR・ガチの動画作成・エンコードバリバリ・超マルチタスクする場合など。

※近年のオンラインゲームは画質もよく、容量をとてつもなく使います。

 そのため16GBが最低のラインとして考えたほうが良いかもしれません。

 

ストレージ(HDD)は保存庫

画像化

ストレージは記憶できるデータの容量のこと。

画像や動画、アプリケーションや音楽などパソコンにおけるすべてのデータを保存する場所。

容量が大きければそれだけ多くのものが保存ができます。

ストレージの容量を多く使いすぎてしまうと、パソコンの速度が遅くなってしまうため定期的な整理(削除)が必要です。

ただし、外付けのハードディスクがあるため、パソコンの購入時にはそこまで考えなくてもいいかなとも思います。

最低限の容量(64GB程度)のものを買い、足りない場合は外付けのハードディスク(1000GBで1万円ほど)を購入しましょう。

 

ソフト(Microsoftoffice)

画像化

パソコンを購入するときに仕事で使う場合はMicrosoftofficeが入っているかどうかは必ずチェックしてください。

Microsoftofficeとはワードやエクセル、パワーポイントなどビジネスには欠かせないソフトがすべて入ったものになります。

友人M

学校や会社のパソコンに入っているやつでしょ。

あれってただじゃなかったの?

ようくん

とんでもない!

あのソフト月々だと900円。永久版は3万円もする超高級アプリだよ。

友人M

結構高いんだね。

だったら、他のソフトで代わりになるもの取れないかな?

ようくん

それが難しいんだよね。

Microsoftofficeはアプリケーションの頂点と言われてて。

他の点で便利なアプリはあっても仕事をする上で絶対になくてはならないものなんだ。

 

基本的に仕事は他の人、会社と行うもの。

アプリケーションで作られた資料はそのアプリがインストールされていないパソコンだとみることはできません。

Microsoftofficeはその点で最高のアプリケーションの一つであり、世界中のパソコンに組み込まれております。

そして毎年更新がされ、新しい機能を追加。

いらなくなった機能は削除し進化してきました。

その歴史は1983年から始まり40年ほど。

凡庸性が高くて便利。ほとんどの人が使っている。

この2点から仕事をする上でMicrosoftofficeが必須であると言えます。

 

その他

パソコンの画素数や音の質。

バッテリーの容量などになります。

付属品でどうにかなる部分が多いため、購入時はあまり気にしなくてもよいかと。

 

パソコンまとめ

パソコンを購入するときにチェックしなければならない点は大きく5点

1、自分の目的にあったパソコンであるか(基本)

2、CPUは何を使っているのか(速度)

3、メモリの容量は(速度)

4、HDDの容量は(記憶量)

5、ソフト+その他(利便性)

きちんと明確な目的が定まっているのであれば10万円するパソコンが5万円以下に。

失敗して買い直しなんて事態もなくなります。

下記、参考程度に目的別のおすすめパソコンスペックと金額を書いてみました。


仕事用(予算目安8万~20万円)
①どこでも使えることを前提とするため、大きさは小型。
②並行処理を求められるためCPUは新しい優秀なものを
③メモリの容量は普通に資料作りや画像変種程度なら4GB、複雑な仕事かつ容量が必要な仕事の場合は8GB以上
④保存は多めのため記憶量は128GB以上が望ましい(外付けハードディスクで対応可能)
⑤Microsoftofficeは必須。


調べもの(予算目安4万~6万円)
①基本は大型。
②CPUに関しては、特別考えずに発売してから2年以内のものを選びましょう。
③メモリは4GBで大丈夫です。
④記憶量は64GBあれば十分
⑤Microsoftofficeは不要。その他の付属品も不要。


動画・音楽(予算目安5万~10万円)
①大きさは好みで選択を(持ち運びを重視なら小型)
②CPUに関しては、特別考えずに発売してから2年以内のものを選びましょう。編集を考えているのなら良いものを。
③メモリ:見るだけなら4GB、編集有りなら8GB以上。
④記憶容量64GBで大丈夫
⑤Microsoftofficeは不要。その他付属品はお好みで(スピーカーや外出用にイヤホンなど)

 

オンラインゲーム(予算目安10万~20万円以上)
①家でないと電波が安定しないため基本は大型
②最新のゲームはグラフィックの質が上がり下手なものだと処理が遅れるためCPUはできるだけよいものを
③メモリ16GB以上。上記と同じ理由です。
④記憶容量(128GB以上)
⑤Microsoftofficeは不要。
専用コントローラーやスピーカー、ボイスチャット用のマイクなどこだわればきりがありません。

 

中古は危険!最新のパソコン事情

画像化

中古のパソコンって安いですよね。

定価の半分以下のものまであります。

状態もよく、性能も良いそして何より安い。

そんな良いとこづくめの中古パソコンですが、絶対に買わないでください!

理由は簡単。

他人が手を加えたパソコンはとても危険だからです。

現代のパソコンは利便性が良くなり、検索だけでなく買い物などもできるようになりました。

何かを購入するためにクレジットカードや住所などの個人情報を登録したことはありませんか?

中古パソコンの販売者もきちんとした対策はしていると思います。

それに気づかれないウイルスがパソコンの中に潜み自分の個人情報が抜き取られてしまう。

100パーセントではないにしろ、破産してしまうような可能性が1パーセントでもあるのなら中古のパソコンはできるだけ避けるべきではないしょうか。

また、中古のパソコンは使用してから年月が経っているため、新品のものよりもろくなっております。

あまり長い期間持たないことも多く、新品のパソコンを買ったほうがお得な場合もあります。

 

パソコンの購入は通販が良い理由

中古が危険なのだから実際に店舗でと考えてるあなた。

実際に買いに行くより通販のほうがおすすめですよ?

私が先日、家電量販店に実際に行ってみてわかったこと。

①品ぞろえが少ない

②高いものを買わせようとする

③無駄な経費が掛かるよう誘導される

④いらないソフトを一緒に薦めようとする

⑤しつこい

こちらの事情を聴こうともせず、10万円以上のものを薦め、断ったら様々なサービスや専門用語を話し説得を試みる。

趣味のためと言ってるのにMicrosoftofficeを薦め、10分もかからない簡単な初期設定の委託を有料で薦めてくる。

知識が半端にある分、途中から腹が立って帰ってしまいました(笑)

そんな面倒な営業と話をせず、選びたい商品を最小限のコストで購入できるのが通販サイトです。

友人M

わかる!

こっちが聞いてもないのに色々行ってくるよね。

迂闊に見ることもできない(笑)

ようくん

歩合制の仕事だから仕方ないのはわかるんだけどね(笑)

高いものだからゆっくり選びたい。

今回はそんな通販サイトの中でも、特におすすめのサイトを厳選してご紹介します。

 

富士通(FUJITU)

image

日本のパソコンといえば富士通。

国内シェアNo1にして、世界第4位を誇ります。

富士通なんてどこでも売っているのではと思った方。

だから良いのです!

パソコンの世界において多くの人が使用している=信用は何物にも代えがたいもの。

また、家電量販店ではなかなか見かけない質の良い貴重なパソコンまで置いています。

さらには自分用にパソコンをオーダーメイドできるサービスまで。

 

おすすめポイント

1

安全安心の日本製ブランド

家電といえば日本製!というほど、海外では人気の高い日本製品。

質の高さだけでなく安全性もピカイチです。

加えて、企業が日本にあることから不具合が起きた場合に対応してもらいやすいというメリットもあります。

初心者から上級者までおすすめのブランドです。

※海外産のものの中にはサポートがなく修理をするのにも多大な時間がかかるものも

2

パソコン製品すべてが揃います。

通常の既製品のパソコンはもちろんプリンターやスキャナー。

キーボード、ソフトウェア、ハードディスク、グラフィック拡張カード、無線LANまで量販店以上のものがそろっております。

パソコンも新作から型落ちの旧作、クーリングオフとなった訳ありパソコンまで何でもあります。

わざわざ量販店に行き探す手間を考えると楽で良いですね。

充実したサービス

パソコンの理解度は人によって大きく変わってきます。

私はすでにパソコン5台目のため、ある程度自分でできてしまいますが、初心者の方はそうではありません。

そんな方のために富士通では無料で1年間の電話サポートシステムを用意しています。

それでも、難しいという方には出張サービスも行っているため初心者の方も安心して購入できます。

 

その他サービス一覧

①ミニマムサポートサービス

パソコン購入時、電話サポートを不要という欄を選択すると、電話サポートが無料で受けられない代わりに5000円引きになります。

パソコンについてある程度知識がある方なら電話サポートは不要なので、ありがたいサービスですよね。

 

②セットアップサービス(有料)

知識がある人でも煩わしい初回のセットアップ、データの移管、メールやセキュリティの設定。

ソフトウェアの設定までを富士通のスタッフが出張でやってくれるサービスです。

日本中に支店があるため、申し込みしてから数日で対応可能。

平日だけでなく休日も対応してくれるので時間がない方でも大丈夫です。

 

③電話サポート延長サービス

1年間の電話サポ―トでは不安な方向けのサービス。

相談の内容1項目につき2060円で1年間延長可能です。

(トラブル相談、使いこなし相談)

4

カスタムメイドモデル

image

お客の予算や目的に合わせてメモリやハードディスク容量などの構成を自由にアレンジ可能なモデルです。
パソコンはいろいろあるけれど、自分の好みにピッタリの1台を探したい!

そんな方におすすめです。

金額は少々お高くなりますが、メーカー保証の期間が通常の1年から3年まで伸びます。

カスタムは基本のモデルがあり、そのパソコンの性能を決めるといった簡単なもの。

上の画像がカスタムメイドモデルで選択できる項目の画像です。

 

おすすめ商品