飲んでわかった睡眠薬の危険性!使用にはご注意を。

記事更新日: 2018/11/25

ライター: ようくん

眠りたいのに眠れない!

本当につらいですよね。

それが何日も続くなんてたまったものではない。

そんなときに使用されるのが睡眠薬。

私は寝つきが悪く、特に試験など大事な日の前日は眠ることができないため都度愛用していました。

長年愛用しているからこそ気が付いた欠点があります。

それは睡眠薬を飲んだ次の日は頭がよく働かないこと。

最初は単に睡眠時間が短かったからだと思っていたのですが・・・・。

長時間眠っても眠気が収まらない!

きちんと寝ているはずなのにおかしいですよね。

そんな睡眠薬の調べてびっくりな危険性と睡眠薬なしで眠るための方法について書いてみました。

以前の私と同じで睡眠薬を手放せない方、寝つきが悪くて改善したい方は必見です!

 

睡眠薬には危険がいっぱい

画像化

医者から処方される以外に普通のドラックストアでも買うことができるようになった睡眠薬。

特別な審査も必要なく買えることから多くの人が使用したことがあるのではないでしょうか。

そんなどこにでもある薬に副作用などの危険が潜んでいる。

皆様は知っていましたか?

 

持ち越し効果

睡眠薬の作用が翌朝以降も持続してしまう現象。

午前中の 眠気、ふらつき、脱力、頭重感、倦怠感などを伴うことがあるそうです。

私も経験がありますが、8時間眠ったのに眠気が収まらず、電車を乗り過ごしバイトに遅刻してしまった経験があります。

体質や当日の体調によって、効果時間が変わってくるため次の日に大事な用事がある日にはお勧めできません。

また、脱力感や眠気から頭が働かず普段では絶対にないようなミスをしてしまう危険性があります。

私も重要な試験の前に服用していましたが、よく眠ったはずなのに頭が働かずに良い結果になることはありませんでした。

今思うと睡眠薬のせいだったのかもしれませんね←勉強不足の可能性大(笑)

 

一時的な記憶障害

医師の注意を守らずに睡眠薬を多量に飲んだり、アルコールを 併用したりすると、軽い記憶障害がみられることがあります。

睡眠薬が体から排出された後に記憶は正常に戻りますが、当時の記憶が戻らないことも。

気が付かないうちに犯罪を犯したり、事故に巻き込まれる危険性など人生で重大な失敗をしてしまう可能性があります。。

飲む場合は絶対に用法容量はきちんと守りましょう。

 

筋弛緩作用

睡眠薬には、筋肉を弛緩させる作用があります。

高齢者ほど、この作用が強く影響するため注意が必要です。

立ち上がる時に力が入らず、転んで骨折してしまったという症例も報告されています。

最近は筋弛緩作用の 少ない薬剤も開発されていますがそれでも危険は危険なので起きるときは気を付けてください。

 

 

奇異反応(おかしな反応)が起きる

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬では、ごく稀ですが、上機嫌で抑制を 欠いた行動をとったりする奇異反応がみられることがあるそうです。

酔っぱらいのような症状なので外では絶対に飲まないようにしましょう。

また、上記のような副作用が思い当たる場合は遠慮なく医師に相談してください。

不眠の改善状態や副作用の症状に応じて、薬の量や種類の変更を検討してもらうことができます。

※ちなみに、私は経験したことありません。

 

飲み続けるとどうなるの?便利な薬の弊害

画像化

どうしても眠れないときにすっと眠ることのできる睡眠薬。

とても便利ですよね。

便利だからと飲み続けてしまう人もいるようです。

そんな睡眠薬を飲み続けるとどうなってしまうのか。

こちらは試すのが危険なので、睡眠薬の危険性について言及している本やサイトなどを参考にして書いてみました。

 

怖い依存性

薬自体には依存性のある物質が入っているというデータはありません。

ですが、眠るためには必要であると脳が判断してしまうと睡眠薬なしには眠り辛くなってしまいます。

睡眠時に毎日睡眠薬を飲む。

確かに簡単に眠ることができるかもしれません。

ですが、それに慣れてしまうと普通に眠ることができなくなるかもしれないことを覚えておいてください。

 

飲めば飲むほど効果がなくなる

睡眠薬も他の薬と同様に使用し続けると抗体が作られ効きにくくなってしまうようです。

それにより、多くの睡眠薬を摂取してしまい強い副作用に悩まされる人がいます。

睡眠薬は決して常用せずに本当に眠りたい時だけに飲むようにしてください。

※効果の減少に関しては他の薬にも同じことが言えます。

 

認知症のリスクが高まる

睡眠薬を多用していると将来認知症のリスクが高まる可能性があるという研究が発表されました。

研究段階のため確定の情報ではありませんが、睡眠薬は脳に作用する薬。

私はこの研究に信ぴょう性を感じます。

皆様はいかがでしょうか。

一時的な眠りのために脳に多大な影響を与える。

本当だったらすごく怖いですね。

 

高価な金額

皆様、市販の睡眠薬の金額見たことあります?

一番有名な睡眠薬ドリエルは6錠三回分で1000円。

一回分。約330円、ひと月で1万円近くなります。

タバコとほとんど同じ金額。

すごく高いですよね。

普通の人が0円で済むところを毎日300円以上。

睡眠薬に頼るよりも改善を目指したほうがお得だと思いませんか。

 

睡眠薬に頼らず眠るには

画像化

じゃあ、眠れないときはどうすればいいの!っていう話ですよね。

結論から言いますと、睡眠薬は最後までとっておき、体に害がない方法を試しましょう。

無料でできる方法から効果の高い睡眠グッズまで様々なものが存在しています。

私も色々と試しましたが、無料でできる方法(眠る前にパソコンをやらない、運動する、お風呂で身体を温めるなど)は効果が薄い。

あまり実感ができないと感じたため、実際に試して効果の高いと感じたもの。

口コミや批評サイトで上位に入るの中からおすすめのものを様々な角度から紹介していきます。

改善できそうなところからお試しください!

 

まずは上から!睡眠のために作られた枕

画像化

「オーダーメイドまくらアイメイド」

枕が変わると眠れないという方が多くいるように、睡眠という行為に枕の存在が大きくかかわっています。

そんな大事な枕に関しての質問です。

皆様はどこのお店でどのような意図をもって自分の枕を選びましたか?

頭でその枕の感触は確かめましたか?

私を含む多くの人は枕をデザインと手で触った感触などで決めてしまいます。

そのため、枕づくりの会社も眠りやすいようにというよりデザインや他と違う感触にこだわって作ります。

枕は毎日の眠りに大きくかかわる要素なのに!

最初はなれませんが、慣れてくると辞められないのが睡眠専用枕です。

 

画像化

アイメイドまくらは眠りやすい構造はそのままに、中の詰め物の量を調整することで、大きさや高さなどを自分専用にすることのできる枕です。

なぜオーダーメイドか?

それは、人それぞれ体の大きさが異なるから。

170センチの人と、200センチの人の服大きさが違うように枕にも体の大きさによる微調整が必要になります。

また、眠り方も人それぞれで右横向き、左横向き、仰向けなど様々です。

あなたのあなたによるあなただけの枕を作ってみませんか?

 

口コミ

30代女性 さん
評価:
中の詰め物の調整が一苦労!それを乗り越えれば・・・。

既製品と違って自分で調整しなければならない点は少し面倒でした。

調整が済んでからは非常に使いやすく、寝つきもよくなったと実感しています。

 

固い床はご勘弁!気持ちいい敷布団。

画像化

「13層やすらぎマットレス」

床のように固い地面で寝たことはありますか?

ある方はわかると思うのですがすごーく寝ずらいですよね。

お酒の飲みすぎで公園のベンチで寝てしまった時なんて体痛くて寝起きも最悪でした。←実話

敷布団は睡眠の環境を整えるだけでなく、睡眠中の体を痛めない役割を持っています。

起きたら腰が痛くなっていた。

寝起きは節々が痛くて大変。

 

 

画像化

そんな悩みを持った方におすすめの睡眠専用の敷布団(マットレス)が「13層やすらぎマットレス」。

高反発を実現するプレミアムコイルと厚さ27センチ、13層からなる最大級のマットレスは今までにない寝心地を実現します。

低反発の寝具を使い腰を痛めている方、ヘルニアを患っている人にもお勧め。

60日のおためしも可能なので気になる人はぜひ試してみてください。

 

口コミ

50代男性 さん
評価:
高いだけの効果はあります!
今まで3年間、厚さ10センチの低反発マットレスを使用していました。 使用し始めた時から沈み込みが気になっていましたが、そのうち毎朝筋肉痛を感じるようになってしまいました。 マットレス自体だいぶ傷んできましたので、新しいものをと考えこちらを購入しました。 まだ使用し始めて3か月程度なのですが、今のところ寝起きの筋肉痛はすっかりなくなりました。 横たわった時にも沈み込みはなく、正しい姿勢を保てているように感じます。

 

身体は大事!保温性抜群な掛布団

画像化

「陽だまりの休息プレミアム」

睡眠に大事なのは環境です。

暖かいと眠くなり寒いとなかなか眠れません。

暖房機器を使えば改善できますが、ずっとつけていると電気代がすごいことに。

だからと言って、布団を重ねると重くて寝ずらい。

そんな問題を解決してくれるのが保温効果の高い掛布団。

私の部屋には暖房器具が一切ないので本当にありがたいです。

 

image

陽だまりの休息プレミアムは高い保温性に加えて非常に軽い。

さらに、鼻炎や喘息の原因になるダニが住みにくい環境を実現。

リバーシブルになっており、寒い冬でも暑い夏でも1年中使えます。

 

口コミ

50代男性 さん
評価:
毎日寝るのが待ち遠しいです
羽毛布団ほどふんわりはしていない適度な硬さがあります。それなのに全然重くない。 普段購入するお布団よりお値段がいいので「やっぱり高いお布団は違うんだわ…」なんて思いましたが、結婚当初に買った羽毛布団のほうが 高かった! しかし、寝心地や扱いやすさなどを考えても、陽だまりの休息のほうが総合的には上。 「寝心地」に関して言えばほんとうに幸せな気持ちになりますよ。

 

 

眠りには香りです!アロマテラピー

画像化

「le phare(ルファル)」

アロマテラピーが日本で広まり始めたのは90年代前半のこと。

心と体をリラックスさせるアロマテラピーは、若い女性を中心に着実に広まっていき、今では一つの 文化としてしっかりと定着した感があります。

植物の持つ香りや成分を利用して、幸福感を味わったり、健康維持に役立てたりすること。

それがアロマテラピーなのです。

アロマの香りが持つリラックス作用は睡眠にも影響するといわれております。

一般的にラベンダーの香りが眠りを促進するといわれていますが、ラベンダーが大嫌いな私にとっては・・・。

普通にいい香りのものを使用するだけで全然違いますよ。

そんなアロマオイルの中でもおすすめのメーカーこそが「le phare(ルファル)」です。

香りは脳に直接届きます。

なので、下手な材料を使ったものを使用すると逆に眠りを妨げてしまうことも。

ルファルでは有名ブランド香水に何滴しか使われていないとても高価な最高級天然精油を使っています。

素材も香りも最高級にもかかわらず、お得な金額で購入できるのでお勧めです!

 

  口コミ

30代女性 さん
評価:
部屋が高級感のある空間に大変身!
部屋で使ってみたところ、気分が落ち着いてのんびりできました。
いつもより寝覚めもよく疲れも取れて最高です

 

やっぱり薬?全然違う睡眠サプリ

画像化

「快眠プラス」

サプリメント?

薬のことでしょう?

成分が全然違います。

睡眠のサプリメントに使われる成分の多くは主に緑茶に含まれるテアニン。

テアニンにはリラックス作用があり、大量に摂取することで心を穏やかにし眠気を誘います。

私もテアニンを含むサプリメントを愛飲していますが睡眠薬のような強烈な眠気や、起きた後の倦怠感もなく重宝しております。

「快眠プラス」は有効成分テアニンが1回分たっぷり200㎎含まれています。

そのうえ、一回分約100円と睡眠薬の3分の1程度でお買い求めもしやすい!

 

口コミ

30代男性 さん
評価:
睡眠薬と全然違う!
寝る2,3時間前に飲んで私は十分効果が出てます。 睡眠導入剤のように眠くなるというより自然な感じで、本来の睡眠に近い気がします。 最初から効果を期待しすぎないのが良いと思います。 量が多過ぎると翌日中まで残るので、飲む時間や量を調整しています。

 

睡眠の効果

よく眠れる方法はわかったけど、そこまでする意味ある?

そんな素朴な疑問に睡眠が体に対してどんな影響を与えるのか。

睡眠の質を改善するとどんな効果があるのかをまとめてみました。

 

①脳の働きが活発になる