宮古島観光で本当におすすめなスポットはココ!実際訪れてわかったこと

記事更新日: 2018/11/03

ライター: みこ

みんな大好き沖縄!!

今年は初めての宮古島に旅行に行ってきました!!

どんな観光場所があるかな〜と思って、本屋でまっぷる・るるぶなどの旅行本を見てみたら…

沖縄本島のページが半分を占め、その他の島々は数ページづつという現実に衝撃を受けた!

みこ

宮古島のページが少なすぎーー!!!

たいした情報がないじゃないのー!!!

きっと他にもどんなおすすめスポットがあるのか気になっている人もいるはず!!

 

ということで、実際に私が8/31~9/3の3泊4日で旅して本当におすすめだったスポットを紹介したいと思います!!

※スイーツ多めとなっている点は多めにみてください(笑)

宮古島まるわかりマップ!

出典:https://www.city.miyakojima.lg.jp/index.html

○印は今回主に訪れた場所です!!

◆1日目◆〜沖縄料理に舌鼓〜

初日は宮古島着が18:00。

まずはレンタカーをしてホテルへ!

いや〜ただ走ってるだけで「沖縄にきたー!!」という高揚感!

車を走らせていると…

途中にドン・キホーテを見かけ、とりあえず寄ってみる。

みこ

うわ〜このドン・キホーテ、お土産品がたくさん売ってる!!

お土産によさそうなお菓子類や、Tシャツなどが種類豊富にそろっていて、なおかつ普通のお土産屋さんで買うより安そう(笑)

友だちや職場に配るようのお土産は、帰りにここで大量ゲットするのも賢いやり方かも!

ドン・キホーテについてはこちら

この日は時間も時間なので、夕食に出かけて終了!

 

海鮮酒家 中山 本店 

せっかくなので、『沖縄料理が食べたい!』と選んだのがこのお店!

出典:食べログ プニプニ51さん

店内は活気があり、かなり賑わっている様子。

タイミングよく予約なしでも入れたけど、入店時に「予約してますか?」と聞かれ、他のほとんどの方が予約客でした。

注文はゴーヤチャンプル ¥580、もずくの天ぷら ¥480、んぎゃな和え ¥380。

運ばれてくると、結構なボリューム!

コスパ最高です!!

写真右奥の、んぎゃな和えは沖縄料理のページに載っていて、なんだかわからなかったので頼んでみました。

後日調べてみると、『宮古の方言で島野菜の「にが菜」のこと』とのこと。

ちょい苦で美味しかったです。

でも、

みこ

なんといっても、初めて食べたもずくの天ぷらが美味しかった〜。

 

実は・・・

気に入って3日目の夜にも来ています(笑)

 

その時には、カウンターの隣にいた中山常連の地元のおじさんと仲良くなり、おすすめの料理やらを教えてもらいました。

おじさんのおすすめは自家製じーまみ豆腐と、海鮮居酒屋だけあってお刺身

じーまみ豆腐、モチモチでとっても美味しかったのでぜひ!

おじさんも10年くらい前に大阪から移住してきたようで、そんな話やら人生相談やら…(笑)そんな出会いも楽しかったです!!

海鮮酒家 中山本店についてはこちら

 

◆2日目◆〜伊良部島と満点の星空〜

この日は朝からがっつり活動!

天気もいいのできれいな景色に癒されようと、向かったのは伊良部島

伊良部大橋

行く前から楽しみしていた伊良部大橋

左右に続く、透き通るほどにきれいな海が最高すぎでした。

あまりにきれい過ぎて、ここが日本だということを忘れてしまうほど!

 

三角点

伊良部大橋もですが、伊良部島のお目当は、この三角点とイグアナ岩!

旅行本などには載っていないのですが、SNSやネットでは話題の場所でどうしても行きたかったところ。

ただ、カーナビで検索しても出てこないので、地図と目印を頼りに探します!

まずは三角点

 

大体の場所はこのへんです。

Googleマップでみる

目印は道路中央に書かれた『BIKE』という文字。

比較的見つけやすいです!

この先へ約20m進んだ左側が入口で、縁石が緑色に塗られています。

 

初めて訪れる人には少し分かりづらい場所かもしれませんが。

見分けるポイントは、

何もない道路に路駐のレンタカーが現れる場所!!

(近くに駐車場がないので、訪れる人は路駐して行きます)

 

こんな感じでジャングルのような中を通り抜けます!

すると、突然視界が開けます!!!

三角点から見た景色!!

すごーーーい!!地球を感じられる場所でした。

最近はメジャーな場所になりつつあり、次々に観光客が訪れますが、開けた場所はとても狭いので譲り合って絶景を楽しみましょう!!

 

イグアナ岩

続いては三角点より少し北に進んだところにある、イグアナ岩

こちらも目印を頼りに行きます。

 

大体の場所はこのへんです。

Googleマップでみる

が!

こっちは見つけるのが難しかった!!

道路端にある、このハート♡を見つけるのですが、さっきのBIKEと違って、コンクリートに石で書いたようなうっすらな♡。

よくよく見ながら走ったのですが、見つけられず素通りしてしまい、戻ってみたところでようやく見つかりました!

こっちは三角点より訪れる人が少なかったようで、路駐の車が1台もなかったんです。。。

 

こっちは、さっきよりもチクチクした葉っぱや、ゴツゴツした岩が多く、足元かなり危険です

転びそうになってます(笑)

 

草むらを抜けた先には、先ほどに増して開けた場所が!!

三角点より広々としていて、個人的にイグアナ岩の方が好み

今回の宮古島の旅の中で1番の絶景スポットでした!!!

かなりおすすめです!

 

ただし、本当に危険な場所なので注意してください!!

 

Blue Turtle

ここまでで汗だくになったので、海で泳ぐ前にビーチ前にあるBlue Turtleで休憩。

ここのカフェのテラスからの景色・・最高です

かなりのリゾート感漂ってます。

な〜んにもせずに、ずっといられます。

写真映えしそうな(笑)ドラゴンフルーツ島バナナスムージーを注文。

とっても美味しく、景色も最高。本当に癒されました。

夕方も最高だろうな〜。

Blue Turtleについてはこちら

 

渡口の浜

喉を潤したあとは、目の前のビーチへ!

目の前は、渡口の浜(とぐちのはま)。

幅およそ50m、天然の砂浜が、緩やかな弓状に800m程広がっています。

真っ白な砂浜が広がりますが、とにかくここの砂の白さと細かさは宮古諸島の中でも1番!

手の平からさらさらとこぼれ落ちる細かくて真っ白な砂浜と、エメラルドグリーンの海!!!

あまりにきれい過ぎて息を飲むほどです。

しかも、人出もまばらでプライベート感満載!!

Blue Turtle前の市営トイレ・シャワー、全て無料で使えるのもよかった〜。

みこ

このビーチ、広くてとってもきれいなのに、人が少なくて、今回の旅の中で1番のお気に入り!

実は3日目も来ちゃいました(笑)

渡口の浜についてはこちら

 

海小屋

伊良部島をぐるっと回ったあとは、宮古島に戻り、これまた行きたいと思っていたカフェ 海小屋へ!

出典:海小屋

こじんまりとしたお店だけど、おしゃれでとっても素敵!

 

ごはんの残りがあまりなかったとのことで、急遽メニューにはないローストビーフのまかない丼を作ってくれました。

とっても美味しかった〜。

オーナーのお兄さんがとってもフレンドリーで、宮古島情報をいろいろ教えてくれたのも行ってよかったポイント!

この後、お兄さん情報ちょいちょい出てきます(笑)

海小屋についてはこちら

 

RICCOジェラート

そのあとは、お土産屋さんが立ち並ぶ通りを散策。

ごはんの後のデザートにと、海小屋のお兄さんおすすめのRICCOジェラートにてアイス。

出典:食べログ 東京ホルモンズさん

いろいろなフレーバーがあって迷っちゃったけど、せっかくなので沖縄ならではっぽい、マンゴー&ちんすこうをダブルで!

美味しくて大満足でした。

RICCOジェラートについてはこちら

 

星空観察

またまた海小屋お兄さん情報!

宮古島の星空はぜひ見てもらいたい!」とのことだったので、絶対に行こうと決意。

ちょうどこの日が晴れたので、「行っちゃおう!」と急遽行ってみました。

 

最初に向かったのは、"宮古島・星空”で検索した際に出てきた来間島の竜宮展望台

ですが・・

ここへ行くまでの道が、対向車もなく街灯もほとんどない、真っ暗のところも多く怖かったー!

がんばって竜宮城展望台まで来たものの

駐車場から展望台へ向かう道が、真っっっ暗で・・・

人もいないし・・・でどうしても歩く気になれず

諦めて引き返しちゃいました(苦笑)

 

なので、来る途中にあった与那覇前浜港に行き先変更!

出典:Googleマップ

ここがとってもよかった!!

車を停めて外に出ると、満天の星空!!

天然のプラネタリウム!!!

こんな星空は初めてで大感動でした。

しかも、30分ほどの間に3回も流れ星が!!

みこ

ここには絶対に行ってもらいたいです!

 

◆3日目◆〜ビーチ巡りと食い倒れ〜

砂山ビーチ

3日目も午前中からビーチへ。

パンフレットや旅行本でよく見かけて、訪れてみたかった砂山ビーチ

波の浸食によって出来たアーチ状の岩に、白い砂浜が魅力的です。

 

予想外だったのは、駐車場からビーチまでの距離が結構長いうえに、一度砂山を登ってから下りなければならないため、けっこう歩きづらい。「だから砂山ビーチって言うのか〜」と勝手に納得。

しかも、さすが有名な観光スポット!

9時過ぎには到着したのに、観光客が多く思っていたような写真は撮れず…。

 

でしたが、海のきれいさにまたまた感動でした。

訪れたことがないようであれば、一度訪れてみるのはよさそうです。

ただし、次々人がやってくるのでのんびりする感じではないかも。

 

ユートピアファーム宮古島

朝ごはんにと向かったのは、ユートピアファーム宮古島

ここでのお目当は、大好きなマンゴーです!!

店内に入ると目に飛び込んできたのは、たくさんのマンゴースイーツ。

出典:食べログ 東京ホルモンズさん

いてもたってもいられず、まず食べることに。

悩んだ結果、注文したのは、カットマンゴー(甘みが強いとおすすめされたキーツマンゴー)¥500、マンゴーロールケーキ¥540。

マンゴーが甘いのなんの。

マンゴーの美味しさに感動!朝から幸せでした。

 

写真でわかるように、実はマンゴーソフトクリーム¥430も追加で食べてます(笑)

先に生のマンゴーを食べちゃったので、ソフトクリームはマンゴー感があまり感じられず…。食べる順番間違えました。

せっかくきたら、ここでは生のマンゴーを食べてもらいたいです!

 

ブーゲンビレアやハイビスカスが咲くフラワー園や、マンゴー園、フルーツ園も見学できます!

鮮やかな花々、きれいでした〜!

おはようございます。 10時より17時まで営業しまーす。 #ユートピアファーム宮古島#宮古島#沖縄

ユートピアファーム宮古島さんの投稿 2018年9月30日日曜日

 

海小屋お兄さん情報!

宮古島はこのバナナケーキがお土産で有名だけど、

ここのマンゴーパウンドケーキの方が美味しくておすすめだそうです!

買う気満々でしたが、売り切れてありませんでしたー。。。見かけた方はぜひゲットしてみてください!

ユートピアファーム宮古島についてはこちら

 

イムギャーマリンガーデン

お腹がいっぱいになったあとは、シュノーケリングへ。

事前に宮古島通の友人に聞いていた、イムギャーマリンガーデンに行ってきました!

イムギャーマリンガーデン

天然の入り江を生かした海浜公園であり、波の穏やかなビーチは子連れの海水浴にもピッタリ!

一番の特徴は、入り江の中にある静かなビーチ。
外海とは隔絶された入り江は、例えるならば天然のプールのようなもので、宮古島の他のビーチが波で荒れて泳げないような時でも何事もなく泳げる時があるほど。そのため、子連れの海水浴には最適なビーチとされています。
 
 
また、深い場所では水深15m程あり、魚影も濃くて波も静かなのでシュノーケルを楽しむにも最適ともされています。泳ぐならシュノーケルのセットは忘れずに持っていきましょう!

子連れに最適というだけあって、実際小さい子が結構楽しんでいました!

今まで見てきた白砂のビーチとはまた違うビーチ。

思っていたよりも足場は岩や石がゴツゴツしていて、浜から海へ裸足で歩くのは痛いほど!

シュノーケルセットは購入して持って行っていたのですが、ビーチサンダルのみでマリンシューズは持ってなかったので、マリンシューズがあると歩きやすくていいと思います。

 

素潜りが私には難しい&長時間が無理だったので、浮き輪でプカプカ浮かびながら顔だけ潜る形に落ち着いたのですが(笑)それでも、カクレクマノミなどかわいい魚たちがよく見えました!!

 

中休味商店

たっぷり遊んだあとは中休味商店で腹ごしらえ!

宮古島に住む友人に「宮古そばでおすすめのところ!」と聞いて訪れた中休味商店。

地元民がおすすめとなれば、期待大です!(実際、地元の人らしき人が多く来ていました。)

 

宮古そばのお店はたくさんありますが、ここの宮古そばはちょっと特別。

一般的な宮古そばのダシ汁は、豚のだしとかつおだしがベースですが、中休味商店のスープは沖縄県産の鶏ガラがベースになっていて、宮古島産のかつおぶしや野菜、黒糖や雪塩で整えてあります。

 

優しい鶏ガラスープが優しくてとーーっても美味しいです!

ここはぜひ食べてもらいたい!!

 

上の写真はこれでも小です。¥500というコスパも最高!

ただし、営業時間は11:00~14:30(L.O)と短いので注意!

中休味商店についてはこちら

 

Aosoraパーラー

食後は、昨日の星空観察で来間島に出かけた際に見かけたAosoraパーラーへ行ってみることに。

昨日の静けさはどこに行ったんだ?!というくらいに賑わっていました!

夜は周囲のお店も閉店してるし、閑散としているので訪れる時間には注意が必要です!

* * 大きな被害もなく、電気も早く復旧したため本日から営業しております* 台風の影響により食材の確保が難しいため 限られたメニューでの営業となります。 食材が揃い次第、スタートしていくので よろしくお願いします * 台風2...

Aosoraパーラーさんの投稿 2018年9月29日土曜日

 

午前中にマンゴーを存分に味わったけれど、『契約農家直送の100%宮古島産マンゴーを使用した、ここでしか飲めない贅沢な一品』と言われたら飲まないわけには、とマンゴースムージーを注文。今日はマンゴーづくしです(笑)

 

マンゴーが濃くてとっても美味しかったです。

併設されている雑貨屋さんも、かいいいものがたくさんでした!

Aosoraパーラーについてはこちら

 

なかゆくい商店

スムージーの後は、海小屋お兄さんおすすめのサーターアンダギーをもとめて、またも伊良部島なかゆくい商店へ!

お兄さんに聞かなかったら来なかったな〜というような、周りにはとくになにもない場所。

出典:食べログ カジェールさん

紅芋ぱんびん(=サーターアンダギー)¥80を注文。

しっとり、ふわふわで軽い食感。甘さもほんのりで、今まで食べたサーターアンダギーの中で1番でした!

なかゆくい商店についてはこちら

 

実は、ここに来る前に昨日星空を見た与那覇前浜ビーチに行ってきました。

というのも

与那覇前浜ビーチ

正面には来間島を臨む約7km続く砂浜は、東洋一の美しさといわれるビーチ。
数々のガイドブックやランキングで日本のベストビーチに選ばれるその理由は、透明度の高い宮古ブルーの海ときめ細やかで真っ白な砂浜。

と聞いたから。

でも、実際に行ってみると…有名なビーチだけあって人がうじゃうじゃ!

マリンスポーツなどは充実していたので、アクティビティをしたい人にはおすすめかもだけど、のんびりしたい私たちにとっては微妙…だったので、伊良部島にきたついてに、昨日お気に入りだった渡口の浜に再度訪れちゃいました!

やっぱり人もほとんどなく、広々としたこのビーチ、最高です!!

ちょうど夕日も観れて幸せ〜。

記念にこんな写真も撮ってきちゃいました(笑)

 

そしてこの日の夕食は1日目に訪れた中山へ(笑)

きっと次回宮古島に来た時も行くだろうな〜。

 

◆4日目◆〜池間島の海に癒されて〜

いよいよ最終日!レンタカーを返却する16:00まで、遊び倒します!

今日はまだ行ってなかった池間島

池間大橋

こちらが池間大橋を渡る手前にある世渡崎からの風景。

エメラルドグリーンの海があまりにも綺麗すぎて、大感動!ずっとここにいたいと思った瞬間です。

 

宮古島には周囲に浮かぶ離島とを結ぶ3つの大きな橋がかかっていますが、池間大橋が1番の絶景でした!

池間大橋周辺の海の美しさは宮古ブルーと呼ばれ、宮古島の中でも随一とされているようです。

この橋は絶対に渡って欲しい!!

 

OHAMAテラス

さらなる癒しを求めて池間島のOHAMAテラスへ!

 

海側のテラス席からの眺めは最高!

まるでポストカードの風景のようでした。

風も気持ちよく、ずっとここにいられる〜。

『なんて優雅な朝!』と癒されまくりでした!おすすめです!

いただいたマンゴーアイスも美味しかったです。

 

ハンモックやブランコなんかもあって、おしゃれな写真も撮れます。

OHAMAテラスについてはこちら

 

ハート岩

十分に癒された後は、池間島をドライブ。

ハート岩のあるイキヅービーチに行ってみました。

ここはNHKの連続テレビ小説「純と愛」のロケに使われ、ドラマの中で度々登場したビーチのようです。(観ていなかったので、わかりませんでしたが…)

 

ビーチ的にはとても小さいけど、プレイベート感満載で、とてもきれいでここも泳ぎたいとことろだな〜と思いました!

ただし…!!

近くにトイレやシャワー施設がなさそうなので、がっつり泳ぐのは難しいかなあ〜?!

 

で、見れると幸せになるというハート岩はこちらです。

が!干潮の時にしかハートが顔を出さないので、あまりハート見えません(汗)

干潮時にはこんな感じできれいにハートが見えるみたいです!

 

お食事処 すむばり

池間島ラストはお食事処 すむばりタコ丼¥860!

島の食堂といった雰囲気の店内でほっこりします。

メニューはたくさんあり、他のものにも惹かれましたが、ここは名物のタコ丼を注文。

あつあつごはんの上には、キャベツ・玉ねぎなどの野菜とタコが卵とじになってのっていて、とても美味しくいただきました!!

 

この後は、お土産を購入したりして帰路につきました。

 

宮古島本当に最高でした!

あっという間の3泊4日。

海の青さと、美味しいごはんに、素敵な人たちにただただ感動した今回の旅。

事前に旅行のガイドブックで見ていたところよりも、数倍最高な場所でした!

これから宮古島を訪れるみなさまにとって、少しでもお役に立てる情報があれば幸いです。

宮古島旅行を調べてみる!

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ