パンを作ろう!天然酵母 徹底比較!!〜パンに隠された怖い真実〜

記事更新日: 2018/09/15

ライター: みこ

みこ

パンを愛してやまないライターみこです。

パンが好きすぎて、3食パンを食べちゃうことも…笑

でも、1つだけ気を付けていることがあります!!

なになに??

みこ

それは、天然酵母で作られているかどうかってこと。

 

どうして天然酵母にこだわるの?

そもそも、天然酵母ってなに?

天然酵母ってどんな種類があるの?

そんな疑問に答えていきます!!

 

 

 

パンに隠された怖〜い真実!

 

スーパーやコンビニなどで売られている

一般的なパン。

甘くて(甘くないのもあるけど…笑)

ぺちゃんこにつぶしたら、これしかない!ってくらいに(笑)ふわふわで、何個でも食べれちゃう!

 

さらには種類も豊富で、価格もお手頃。

ついつい買ってしまいがちだけど…

 

手作りのものに比べて、いつまでもふわふわが持続

賞味期限もパン屋に比べて長め

 

これってなぜ・・・・??

 

答えはここに!

 

原材料をみてみよう!

 

パンは添加物の多い食品の代表格!!

 

本来、パンは小麦・水・塩・酵母の4つがあれば作れるもので、海外では日本のようなふっわふわのパンはほとんどない。

 

でも、日本人はふわふわパンが大好き!

みこ

なので、日本で売られているパンは、

日本人が好むふわふわ感をだすように、さまざまな添加物が使われているってわけ。

 

えーそうなんだ!!

 

●パンに含まれる添加物を見てみよう!

(※全てが入っているわけではありません)

出典 :食品添加物毒性一覧.com 食品添加物の危険性と添加物一覧と安全な食品の選び方

 

実際にスーパーで売っているパンの表示を見てみよう!

山﨑パン 芳熟宣言

みこ

うわぁーー!!

よく知らずに食べてたけど…

こんなに、いろいろなものが入ってる!

 

ここは注意!

これらの添加物を大量に摂取したら、このような症状を引き起こす恐れがあるってこと。

大量に摂取しなければ人体への被害はないので、気にしすぎることはないのだけれど・・・。

 

パン好きにとって、パンは毎日食べるもの。

チリも積もれば・・・・

 

どうせ食べるんだったら、

できるかぎり無添加の、体に安全なものを選びたい!!

 

パンの選び方は?

 

では、実際どんなパンを選べばいいの?

 

完全に無添加にすることは難しくても、まずは“イーストフード・乳化剤”不使用のものを選んでみよう!

 

スーパーなどで買うなら、オススメはPASCOの超熟!!

   

出典 PASCO

『余計なものは入れない。』

とうたっているだけのことはあって、

他のパンより、ちょっとお高めだけど、イーストフード・乳化剤不使用の、シンプルな原材料!

それによって、小麦本来の味と香りが楽しめる。

数十円の差で安心が手に入るなら、断然これですね。

 

天然酵母でパンを作ろう!

 

でも、やっぱり

手作りするのが1番安心!!かつ美味しい!

思ってるより簡単にできるので、ぜひ作ってみよう!!

 

せっかくならば、イーストではなく

こだわって天然酵母で作りたい!!

 

でも。

果物などをつかって、自家製酵母を作るのって…

初心者にはハードルが高かったり、

時間がかかって面倒!て人も多いはず。

 

私もレーズン酵母を起こしたことがあるけど、

「これって失敗?」と不安になったり、

「出来上がったからパンを焼かなくちゃ!」と

パンを焼くことに追われたりと(笑)結構大変!

 

 

そもそも天然酵母ってなに?

 

 

もっとお手軽に、でもイーストじゃなく

天然酵母でパンを焼きたーい!!という人は

お店で購入できる天然酵母を使ってみよう!!

 

ここからは、7種類の天然酵母を比較!

 

 

ホシノ 天然酵母

 

出典 TOMIZ

500g  1965円 (大袋タイプ) ※小分けタイプもあり

原材料名:小麦粉、米、酵母、麹

 

国産小麦、国産減農薬米、麹、水で

ゆっくり育てた、お米由来の天然酵母。

【使用方法】

生種起こしが必要。

 

<生種の起こし方>

【材料】酵母と水を「1:2」の割合で用意する。

①清潔な容器に30℃の温水を用意する。

②酵母を加えてダマのないようによく混ぜる。

 軽いふたをして28℃の場所に置き、発酵させる。

③28℃で24時間発酵させ、冷蔵庫(4℃)で1晩保管すれば完成。

④4〜10℃の冷蔵庫で保存し、7日〜10日で使い切る。

 

【特徴】

●焼き上がりの香りと熟成のうまみは絶品。

ホシノならではの、複雑な酵母の香りが食べ飽きず美味しいパンに仕上がります。

 

●冷めてもしっとり。

 

●シンプルな食パンが一番酵母の香りを楽しめます。

 

▽口コミ

早く知りたかった
もこちゃんさん
種起こしに24時間かかっても、こんなに美味しいパンが出来て、一切の乳製品も使わずしてパンが焼けるとは、本当にびっくりしました。もう、他のイースト使えませんね。

出典: TOMIZ

 

 

ホシノ 丹沢酵母

 

出典: TOMIZ

500g    1922円(大袋タイプ)

原材料名:小麦粉、米、酵母、麹

 

丹沢山塊近辺の山林で発見された「野生酵母」と、秘伝の「麹」をあわせて作った天然酵母。

 

【使用方法】

生種起こしが必要。

 

<生種の起こし方>

【材料】酵母と水を「1:2」の割合で用意する。

①清潔な容器に30℃の温水を用意する。

②酵母を加えてダマのないようによく混ぜる。

 軽いふたをして28℃の場所に置き、発酵させる。

③28℃で24時間発酵させ、冷蔵庫(4℃)で1晩保管すれば完成。

④4〜10℃の冷蔵庫で保存し、7日〜10日で使い切る。

 

【特徴】

●ホシノ天然酵母よりも発酵力が強い!

 

●上品な香りと味のパン種。

ホシノ天然酵母より、軽い触感で、ふんわりやわらかなパンに仕上がります。

 

●シンプルな食パンが一番酵母の香りを楽しめます。

 

▽口コミ

天然酵母の王道
KAZUさん
ホシノの天然酵母の中ではクセがないように感じますね。膨らみも良く。国産の強力粉との相性も良いですね。

出典 :TOMIZ

 

 

とかち野酵母

 

出典 :とかち野酵母

100g  885円 (大袋タイプ)

原材料名:酵母(北海道)

 

エゾヤマザクラのさくらんぼから生まれた北海道十勝産の酵母。

 

【使用方法】

予備発酵が必要。

「とかち野酵母」は眠っていますので、お湯に入れて目覚めさせましょう。

①40℃に調整した温水50ml に砂糖2.5g(小さじ1/2)を加え溶かします。

※保温する必要はありません。

② 5gの「とかち野酵母」をダマにならないようにパラパラと加えます。1ヶ所に固めないのがポイント。

③ 緩やかに良くかき混ぜます。酵母の粒は少し残っても構いません。

④ 5分くらいで元気に泡立ち始めます。10分〜15分で終了。

 

【特徴】

お湯とお砂糖を加えて20分間待つだけで簡単に種おこしが出来ます。

 

フルーツ由来で果物との相性がばっちり!

少し酸味の出る酵母なのでクランベリーやレーズンなどのドライフルーツとも相性バッチリです。酸味、甘みのバランスの取れたパンが出来ます。

 

●発酵力に優れています。

食パン、菓子パン、フランスパンなどあらゆるパンに向いています。

 

▽口コミ

香りがやさしい
バゲットさん
香りが良いです。こちらを使って焼くパンはイースト臭がなくフルーティーなので好評です。
使用時もホシノと比べると簡単で短時間なので使い易いです、ハードパンに愛用しています。

出典: TOMIZ

 

 

白神こだま酵母

 

出典 :TOMIZ

200g  2322円 (大袋タイプ)

※小袋タイプもあり

原材料名:酵母

 

世界自然遺産「白神山地」から発見された

一切の添加物を加えない、自然のままの野生酵母。

 

【使用方法】

予備発酵や種おこしの必要がなく、温水に溶かすだけで使えます。

①酵母に対し3-5倍量の温水(35℃)を用意する。

②温水の上から酵母をふり入れ3分程置いてよく溶かしてから使う。

 

【特徴】

●自然な甘さと芳醇さがあり、ふんわりやわらかな素材本来の味を引き出すパンに仕上がります。

 

●焼成したパンの香りも、やはり白神こだま酵母ならでは。小麦の香ばしさと、酵母の甘く芳醇な香りが漂います。

 

●食パン、菓子パン、フランスパンなどあらゆるパンに向いています。

 

▽口コミ

おいしいです!
ともともさん
白神こだま酵母を使って焼いたパンは油脂を入れていないのに香りも良くふっくら柔らかいパンが焼けるので大好きです。
予備発酵もしないので、すぐに作れて朝こねてお昼には焼きたてが食べられるのも魅力的。
イーストや天然酵母でもパンを作りますが、短時間で作れる白神こだま酵母が最近のお気に入りです。

出典: TOMIZ

 

 

【有機JAS】有機穀物で作った天然酵母

 

出典:TOMIZ

3g×8包   486円

原材料名:有機とうもろこし、有機小麦、有機馬鈴薯でん粉、酵母

 

厳選された酵母と、有機小麦を主原料に純粋な湧き水で完全オーガニック栄養素で育てた酵母。

 

【使用方法】

ぬるま湯に溶かさず、小麦粉に直接混ぜて使えます。

 

【特徴】

●ホームベーカリーにおすすめ!

 

●小麦粉本来の味・香りを引き出す力が強く、大変風味のよいパンに仕上がります。

 

●酵母および原料とも全て遺伝子組換えフリーで、化学薬品などの合成原材料は一切使用していません。

 

●食パン、菓子パン、フランスパンなどあらゆるパンに向いています。

 

 

パネトーネマザー粉末

 

出典 :TOMIZ

250g  648円  (大袋タイプ)

原材料名:パネトーネ種、小麦粉(国産小麦)、酵母、乳化剤(パーム油由来)

 

イタリア「コモ湖」周辺でしかとれない特殊な酵母の粉末に、酵母(イースト)を加えたもの。

 

【使用方法】

ぬるま湯に溶かさず、小麦粉に直接混ぜて使えます。

 

【特徴】

●ホームベーカリーにおすすめ!

 

●ドライイーストレシピに比べ吸水が増えるので、ふっくらふんわりとした仕上がりになります。

 

●食パン、菓子パン、パネトーネ、ブリオッシュなどに向いています。

 

▽口コミ

甘くておいしいパンに!
センターエイトさん
パネトーネはこの酵母で!という感じくらいおいしいパンができました。種おこしも必要ないのでとっても便利でした。

出典:TOMIZ

 

 

あこ天然培養酵母ストロング

 

出典:TOMIZ

250g  1414円  (大袋タイプ)

原材料名:小麦粉、米、酵母菌、麹菌

 

酵母作り40年の熟練酵母職人が、添加物を使用せず、小麦粉、低農薬米、水、麹のみでつくった天然酵母。

 

【使用方法】

生種起こしが必要。

 

<生種の起こし方>

【材料】酵母と水を「1:2」の割合で用意する。

①清潔な容器に40℃の温水を用意する。 

②酵母を加えてダマのないようによく混ぜたら、軽いふたをして27〜32℃の場所に置き、発酵させる。

③24時間前後を目安に、おから状だったものがサラッとした液状になり、なめた時にきついお酒のような味になっていれば完成。 

④4〜10℃の冷蔵庫で保存し、7日〜10日で使い切る。

 

【特徴】

●小麦本来の風味を生かした、雑味のないすっきりとした味わいのパンに焼き上がります。

 

●くせが無くふんわりと焼き上がるので、食パン、菓子パン、クロワッサンなどに向いています。

 

▽口コミ

香り高いパン作りに★
なるたんさん
あこ酵母を使い始めて10年位になります。個人的にはイースト臭が苦手なので酵母を色々試してきましたが、中でも一番クセがなく、パンが焼けるの時のマイルドな香りがとても気に入ってます。酵母独特の匂いが主張し過ぎないので、小麦の香りが生かされ、どんなパン作りにも合います。美味しいいのでオススメですよ。

出典:TOMIZ

 

 

一押しの天然酵母はこれ!

 

こうやって比べてみると、

いろいろ違いがあるなぁ〜との感想。

 

私のイチオシは・・・・

 

白神こだま酵母!!

なぜって…

 

 

『天然酵母と言えば…ホシノ天然酵母』!

というイメージも強いし、メジャーなんだけど

 

なんといっても

出来上がりまでに時間がかかる!!

 

まずは、生種起こしに1日以上

そして、こねてからも1次発酵に約7時間

2次発酵にも1時間半〜2時間ほど。。。

 

時間をかけただけの美味しさはあるけれど…

計画的に作らないと大変なことに。。。

 

休みの日、朝起きて

「ランチに焼きたてパンを食べよう?」なんて気分になってももう遅いってこと!

 

平日忙しく仕事をしてたりすると、

やっぱり手軽に作れるって選ぶ際にはとっても大事!!!!

 

そして、手軽さだけでなく

白神こだま酵母は味も格別!!

 

初めて食べた時の

ふんわり甘くて、しっとり、むっちりの食感があまりに美味しくて

「なにこれーーー!!!!」

と思わず口走っちゃったくらい。

 

こんなに美味しいパンが、酵母をぬるま湯にとかすだけで、2時間あればパンが焼けちゃうなんて!と、それ以来、白神こだま酵母に夢中!

みこ

みなさんにもぜひ試してもらいたーーい!!

 

このサイトで扱っている天然酵母や、国産小麦など、パン作りにかかせないものは、創業98年のTOMIZ(富澤商店)で全て購入可能!!

なんでもそろってて、とっても便利で毎回お世話になってます!!

この記事に関連するラベル

ページトップへ