眠りたいのに眠れない!そんな悩みを解決するサプリメントを徹底検証。

記事更新日: 2018/08/12

ライター: ようくん

目覚めすっきり!話題の「快眠プラス」の効果を検証しました。
 
最近、仕事が忙しくて眠る暇がない!
頑張るために栄養ドリンクやコーヒーを飲んだせいで全然眠れない!
睡眠時間が少ないと、疲れも全然取れなくて辛いですよね?
そんな悩みを持つ人向けのサプリメント「快眠プラス」
今回は自分の寝不足を解消するという目的もあわせて、その効果を徹底検証してみました。
 

「快眠プラス」を飲んでみた

画像化

快眠プラスか・・・。
実は私睡眠が非常に浅く、眠りにつくのも遅いのです。
大切な用事がある前の日や疲れているときのために、市販の睡眠薬を常に持っているくらいには困っております。
ただ、睡眠薬を飲むと眠れるのですが疲れが全然取れないんだよなー。
このサプリメントはどうでしょうか?

 

「検証内容」

睡眠のサプリメントは飲むと眠くなってしまう可能性があるので、眠る1時間前。
夜中の11時に指定された量の2錠をお水で飲んでみました。
いつもはよく眠るためにアロマを焚いたり、癒しの音楽を聴く時間をつくっているのですが、今回の検証のときにはサプリメント以外何もしないように気をつけました。


 
「検証結果」

びっくりするほどよく眠れました!
いつもは2時か3時にお手洗いのために起きるのですが、それもありませんでした。
設定した目覚ましの音で起きたのですが、寝覚めがとても良い!
2度寝を考えないほどの良い目覚めでした。
 
今回の検証にかかった金額は60粒(1か月分)でたったの1000円。
市販の睡眠薬が5日分で1300円するのとくらべると、とても安いですね!
初回キャンペーンのおかげでこの金額でしたが、今後も愛用していきたい商品です。

 

快眠プラスを飲むとなんでよく眠れるの?

画像化

                         引用元:快眠プラス公式サイト

寝覚めが良いと頭も働き、体の調子も良くなります。
そんな万能薬のような睡眠!の質をあげてくれるサプリメント「快眠プラス」はなんでこんなにも効いたのでしょうか。
なぜ?どうして?理由を分析してみました。

 

快眠成分テアニン最強説

「快眠プラス」に含まれる快眠をサポートする有効成分テアニン。
緑茶などのお茶に含まれるアミノ酸の一種で、お茶のうま味や甘味に関係する成分です。
テアニンは、茶に含まれるアミノ酸の約4割をしめる重要なアミノ酸。
うま味成分として知られるグルタミン酸と似た化学構造をもっています。
お茶が体に良いといわれる要因の物質がこのテアニン。
どんな効果があるのかをまとめてみました。

 

「カフェインによる興奮作用を抑える」

お茶を飲むと、「ほっこりする」、「心が和む」というようなことが感じませんか?
テアニンには、ヒトの脳などに働きかけ、お茶に含まれるカフェインの興奮作用を抑制する効果があることが研究で明らかになっています。
社会人の必需品、コーヒーや栄養ドリンクの効果をやわらげてくれるのですね。

 

「リラックス効果」

カフェインを飲んでないと、リラックスできない?
いえいえ。そのようなことはありません。
リラックス効果の検証のため、テアニンを摂取した際の脳波の変化について検証したところ、テアニンを200 mg摂取した30分以降にα波の出現が活発化することが認められました。
α波は、リラックス時に出現する脳波として知られており、テアニンのリラックス効果が確認されました。
※テアニンは量を多くとるほどにリラックス効果も高まるようです。

 

「月経前症候群や更年期障害をやわらげる効果」

テアニンは、女性特有の悩みであるPMSや更年期障害の症状を和らげるという報告もあります。
具体的には、L-テアニンは、月経前にあらわれるイライラ、憂うつ、集中力の低下、疲れやすい、むくみといった症状を改善します。
同様に、更年期障害によるほてり、動悸、イライラ、不安感といった症状もやわらげます。
女性には特におすすめの成分ですね。

 

「睡眠改善効果」

テアニンには、脳の興奮を抑えて神経をおとなしくする効果があるため、快適な睡眠が得られることが期待できます。

研究チームによる実験で、健康な男性に、テアニンを200 mg含む錠剤を6日間、就寝1時間前に毎日服用させました。
すると、偽の薬を服用させた場合と比較して、睡眠途中で起きてしまう時間が短くなり、起床時のリフレッシュ感が高いことが確認されました。
また、寝つきに関する点数も、10人中7人が、偽の薬と比較してテアニンを飲んだ場合の方が高くなりました。
以上のデータから
1、テアニンを就寝前に摂取することで、途中で起きてしまうことが少なくなる。
2、睡眠から覚醒への移行をスムーズに進行させると考えられます。

 

「効果まとめ」

テアニンには脳や体をリラックスさせることで、寝つきを良くする効果があるということですね。
ちなみに、お茶に含まれるテアニンの量は100gあたり10mg程度。
快眠プラスに含まれるテアニン200㎎をとるには、お茶を2ℓ飲まなければなりません。
・・・サプリメントで摂りましょう?

 

睡眠の良い効果

画像化

快眠プラスでよく眠れることはわかったけど、それが体にどんな影響を与えるのか気になりませんか?
そこで、睡眠の質を改善するとどんな効果があるのかをまとめてみました。
 
① 脳の働きが活発になる

睡眠不足だと頭がうまく働かないのに対し、よく眠ることができれば思考も冴えわたります。
普段の会話の受け答えがスムーズになったり、仕事のミスの減少にもつながります。
 
② 日中の眠気が少なくなる

お昼ご飯を食べた後や、3時くらいになると急に眠気が襲うことってありませんか?
睡眠がきちんと取れている人は、普段の眠る時間以外に眠気が襲ってくることがあまりないようです。
 
③ 病気になりにくくなる

睡眠で脳と体を休ませることで免疫力があがり、病気になりにくくなります。
また、人は睡眠中に体を回復するため良く寝ている人とそうでない人の健康度合いの差はかなり激しいとされています。
 
④ダイエット効果

食欲をコントロールするホルモンは睡眠と密接な関係があります。
体内ではグレリン(食欲増進)・レプチン(食欲抑制・エネルギーの代謝促進)の2つのホルモンによって食欲が保たれています。
睡眠が不足することでグレリン(食欲増進)が多く、レプチン(食欲抑制・エネルギーの代謝促進)が少なくなってしまうことが、最近の研究であきらかになりました。
睡眠を良くとるということはダイエットにもつながるということです。
 
⑤疲労回復効果

睡眠には脳と体を休める働きがあります。
普段の食事でとっている食事の栄養が一番働くのが眠っている時間。
日常で使った体の疲れや脳の疲れ。
目の疲れやストレスなど毎日すり減ったところを睡眠中にメンテナンスしているのです。
また、睡眠を十分にとることで内分泌機能が向上しストレスへの耐性が高まります。
 
⑥美容効果

「最近寝不足でお肌が荒れているの」という言葉を聞いたことがありませんか。
日光による紫外線や皿洗いなどで荒れてしまった肌を修復するのも睡眠。
睡眠時に発生する成長ホルモンが肌の修復を促進してくるようです。
ちなみに、毎日100本前後抜けている髪の毛が生えるのも睡眠中です。
 
まとめ

・・・ここまでの効果とは!
1日の3分の1という膨大な時間。
毎日何となくとっていた睡眠ですが、人の体にとってとても大切な時間だったのですね。
この時間を良いものにすることは日常生活にも大きく影響しそうですね。

 

ひと月たったの1000円!お得なキャンペーン情報


こちらが私も実際に利用したキャンペーンになります。
通常4400円+送料の快眠プラス(30日分)が77%引きの1000円(送料無料)で購入ができます。
ちなみに、私が常備していた睡眠導入剤ドリエルは12錠(6日分)で2052円。
ひと月分ですと、10000円を超えてきます。
そう考えると、通常料金でも安い。
特にキャンペーン価格は破格です!

最後に

画像化

たかが睡眠では?
毎日あたり前にとっているため、その価値を理解している人は少ないです。
仕事が忙しいから、趣味の時間を楽しみたいと睡眠の時間を削る。
それは自分のパフォーマンスを犠牲にしていることだと気づいてください。
1日の3分の1をしめる睡眠。
その量と質を確保することが健康で生き生きとした生活を実現する一番の方法ではないでしょうか。

この記事を書いたライター

ようくん

給料の60%を食費に使う食の権化                
1989年山梨県生まれ。神奈川県在住(実家暮らし)。
食品会社にて商品開発をしながら投資を並行し生計を立てている。
食べるために稼ぎ(投資)、食べるために運動する(ダイエット)。
このように食に特化した人生を送る私の将来の夢は
「おいしい食を広め人々の笑顔を創り出す」ことです。 

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ