【フリーランス向け】使うべき会計freeeのプランを徹底解説

記事更新日: 2021/03/27

ライター: ユウヒ

freeeとはクラウド会計ソフトといわれる新しい会計ソフトのひとつです。

 

フリーランスになったばかりの方で、1番最初に激突する壁は会計処理です。

 

今まで簿記などを触れたことがない方にとっては、

何からすればいいのかさえ分からないことも少なくありません。

 

ユウヒ

私も独立した友人から確定申告の時期が迫ってくるとよく相談が来ます。

 

そこで今回は実際にfreeeを使って確定申告などをしているフリーランス歴3年の私が、

個人事業主にオススメのfreeeのプランを紹介していきます!

 

現状freeeの利用を悩んでいる方がいれば、

以下の順に利用をすればノーリスクで利用することができます。

 

30日間の無料体験をする

自分にあえばスタータープラン(月額1,180円)で契約をする

上記プランで不十分に感じればスタンダードプラン(月額2,380円)にアップグレードする

 

【個人事業主向け】freeeの3種類のプランを比較

 

freeeの個人事業主向けのプランには3種類あり、

それぞれの料金とプラン名は以下になります。

 スタータープラン:月額払い 1,180円(年額払い 11,760円)

 スタンダードプラン:月額払い 2,380円(年額払い 23,760円)

 プレミアムプラン :年額払い 39,800円(※年額払いのみ)

 

freeeでは月額払いか年額払いで選択することができます。

年額払いにすると月額払いに比べると若干お得になります。

 

ユウヒ

金銭的に余裕がある人は年額払いをオススメします♪

 

 

こちらが実際のプラン別の比較表になります。

 

イメージとしては1人で事業をしているフリーランスの方や、

副業感覚で個人事業を運営をしている方はスタータープランが適しています。

 

freeeでは全てのプランで青色申告をすることができるので、

「そこまで収入はないけど知識がない...」と悩んでいる方にはピッタリなプランになります。

 

ユウヒ

ちなみにスタータープランでも確定申告は全く問題なくすることができます!

 

全てのプランに共通している機能

freeeでは全てのプランで共通して利用できる機能が多数あります。

 

ここではスタータープランの利用を検討している方向けに、

実際に良く利用する機能を中心に紹介していきます!

 

ユウヒ

私も昨年まではスタータープランを利用していましたが不便に思ったことはありません!

 

●所得税の確定申告書 / 青色申告決算書

freeeでは全ての取引を帳簿づけをして、

そのデータをもとに確定申告書を作成することができます。

 

領収書などで経費精算したい場合も、スマホアプリから読み込むことできます。

帳簿づけしたデータは全て反映してくれるため、

freeeを利用すれば紙を印刷してハンコを押すだけで確定申告を終わらせることができます。

 

●試算表 / 仕訳表

試算表とは簡単に説明すると期間を短くした決算書のことです。

例えば1月〜3月の期間を設定すると、その期間の経営状況を把握することができます。

 

私はこの試算表を見ながらPDCAをまわし、

日々の営業活動や来期のプランニングを行っていました。

 

●口座同期 / 自動で経理

オンラインバンキングやクレジットカードの利用履歴が自動的に取り込むことができます。

 

また手作業が少なくなるため、入力ミスや確認作業の必要がなくなり、

自動同期をしていれば1クリックで会計データとして取り込んでくれるので時間を削減することができます。

 

●請求書 / 見積書の作成

freeeは新しく請求書管理ツールと連携する必要がなく、最初から請求書機能が備わっています。

また管理画面上でメールを送ることもできるので効率の良い作業ができます。

 

スタンダード・プレミアムに共通している機能

スタータープランにはなく、

スタンダードとプレミアムでのみ利用できる機能を紹介します。

 

ユウヒ

私は今スタンダードプランを利用していますので、

アップグレードして良いと感じた機能を紹介します!

 

●消費税申告

消費税の申告をするために使う機能です。

ただ免税事業者に関してはこの機能を使う必要がありません。

 

個人事業主は消費税を納付する必要がない事業主も多いので注意が必要です。

開業してから3年以上経っており、前々年度の売上が1,000万円を超えている場合は納付する必要があります。

●ファイルボックス

freeeではスマホで撮影した領収書などをクラウド上に保存することができます。

スタータープランではひと月に5枚までしか保存できませんが、

スタンダードとプレミアムは制限なくファイルに保存することができます。

 

●収益レポート

月ごとの収支をグラフレポート形式で表示する機能です。

期間を指定し、経営状態を分かりやすく可視化することができます。

 

スタータープランで紹介した試算表 / 仕訳表よりも分かりやすいので、

経営上のサポートとなる機能になります。

 

プレミアムのみ利用できる機能

スターター・スタンダードでは利用できず、

プレミアムプランのみ利用できる機能になります。

 

プレミアムプランは既に複数の店舗や、従業員を複数人雇っていたり、

法人化を予定している場合に最適なプランです。

 

ユウヒ

正直私の周りでもプレミアムプランを使っている方はいません。

 

そのため個人の確定申告などで利用するレベルであれば、

プレミアムプランは必要がないと思います。

 

もし以下のような方であれば導入を検討すべきです。

●部門が分かれており経理の担当者がいる

●税務調査のサポートを必要としている

●法人化を予定している

 

ユウヒ

事業の規模感がそこまで大きくないのであれば、

スターターかスタンダードプランを選べばまず問題ないです!

 

またfreeeについて徹底的に解説した記事があるので、

「もっと詳しく知りたい!」という方はぜひ以下の記事を読んでみてください!

 

【30日間無料】2種類の無料プランを比較

 

前章で各プランの機能について紹介してきました。

 

個人的にはかなりオススメの会計ソフトではありますが、

「まずは無料で...!」と思われる方も多いと思います。

 

そんな方はまず無料プランから利用することをオススメします!

ここでつまづきがちなのが、freeeには以下の2つの無料プランがあります。

 

お試しプラン

無料登録プラン

 

違いとしては...

 

お試しプランは「freeeがどういうソフトなのか試してみたい!」

という感じで気軽に使うプランになります。

 

一方で....

 

無料登録プランは「freeeのどのプランを使おうか迷っている...」

とプランを選定するときに使うプランになります。

 

お試しプランであれば機能の制限があったりするので、

まずは無料登録プランで試してみることをオススメします!

 

ユウヒ

どちみち30日間は無料なのでより多くの機能を使えるプランを選びましょう♪

【個人事業主向け】freeeの各プランに向いている人の特徴

 

ここまで個人事業主向けのfreeeの各プランについて紹介しましたが、

「まだどのプランにしようか決められない...」という方向けに、

各プランに向いている方の特徴をまとめておきます!

 

スタータープランに向いている人

会計の知識が全くない方

クレジットカードでのやりとりが多い方

開業したてで確定申告などの書類申請が不安な方

 

迷った方はとりあえずスタータープランを選んでおけば問題ないですね!

 

スタンダードプランに向いている人

初めて確定申告をする方

自身の経営状況を把握しながら改善をしたい方

領収書などが多く、現金でのやりとりが多い方

 

会計の知識がすでにある状態で、

かつ戦略的に経営を行っていきたい方にオススメをします!

 

プレミアムプランに向いている人

部門が分かれており経理の担当がいる

税務調査のサポートを必要としている

法人化を予定している

 

直近で法人化を目指していたり、

税務調査が入ったりする規模感で事業をしている人向けのプランになります。

 

以上が各プランに向いている人の特徴になります!

まとめ

ここまで個人事業主向けのプランの機能を紹介してきましたが、

正直どのプランを選ぶかは重要なことではありません。

 

なぜならfreeeは好きなときにプランのアップグレードができるからです。

 

ご自身の事業規模や利用している機能によって、

プランを変更することが1番いい利用の仕方になります。

 

ユウヒ

freeeは個人事業主にとって最強の味方です!

 

まずは体験をしてみることが大事になりますので、

ノーリスクで利用できる無料登録プランから始めてみましょう♪

 

 

 

この記事を書いたライター

ユウヒ

フリーランス映像クリエイター

音楽業界、TV局で勤務したのち、求人広告のベンチャー企業にて役員として1年従事。

独自の考えと知識をもとに、皆さんが少しでも高みへとステージアップできるような情報を発信していきます。

この記事に関連するラベル

ページトップへ