格安SIMはここを見て選べ!

記事更新日: 2021/03/18

ライター: いえん

格安SIMの会社ってこんなにあるの!?

安いのは当たり前、プランがありすぎる、質はどうなの、、、

結局どう選べばいいの...!!!

いざ選ぶとなると、こんなにも会社があるのかとびっくりするくらい、昨今の格安SIM会社は増えてます。

それじゃあ迷うに決まっているのではないですか!

各社が競争に頑張ってくれている中、私達もせっかくなら恩恵に預かって、自分にぴったりの会社・プランを見つけたいものです。

もちろん各社のHPを一個一個見てもいいですが、選ぶ基準を持っていた方が情報は入りやすく、判断しやすいです。

そんな格安SIM乱立の時代に、私と一緒にしっかり自分の中で選ぶ基準を持っておきましょう!

 

格安SIMはこの順番で選べ!

はい、まずはこの順番で決めてくださいね。

格安SIMの選ぶべきポイント
  • 使用するプランを決める 
  • 月額料金
  • 各種サービス(割引適用、会員サービス、通話)
  • その他 通信速度・満足度・ブランド/会社規模重視

SIMカードは中身値段で勝負です。

まずは自分の使うプランを決めて、どうせ同じプランならより安いものを選ぶ、という考え方です。

安いというのは月額料金に限らず、各種サービスの家族割やwifiとのセット割、会員のクーポンやポイント還元も個人の好みと使い勝手で考慮して大丈夫です。

多少料金が少し高くなってもいいので、他にこだわりたいところがある!という人は、通信速度、サポートや満足度、実店舗があるかどうか、会社規模や契約数に注目してもいいでしょう。

 

それでは、今回は具体的に各社のざっくりした特徴をつかみ、ぜひ格安SIMの判断基準と違いを学びましょう!

今回紹介する格安SIM会社

まずは格安SIMの仕組みをおさらいしましょう。

格安SIMは、通信設備も自社回線も持たず、大手キャリアの通信網を間借りしてサーズを提供しています。

*MVNO=Mobile Virtual Network Operator、つまり仮想移動通信事業者となります。

自社回線を持たない分、通信設備の初期費用と維持費が大幅に抑えられるため、大手キャリアより安く提供できるのです。また、オンラインやネット上での契約が基本となるため、人件費や店舗の家賃も削れます。

最初から、SIMカードでのデータ通信を安く提供できるビジネスモデルなのです!!

 

格安SIMの会社は30社以上ありますが、今回は特にメジャーでおすすめの中から7社選びました。

この中でさらに次のように分類できます。

1. MVNO事業者

LINEモバイルmineo(マイネオ)BIGLOBEIIJmioがそうです。

上記の説明通り、大手キャリアの回線を間借りして格安SIMカードを提供しています。

 

2.大手キャリアのサブブランド

ワイモバイルUQモバイルは、大手キャリアのサブブランドとして展開しています。

ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauとなります。

通信速度は大手キャリアと同じなので、大手キャリアと同品質で安く使えます。

 

.楽天モバイル

楽天モバイルは、実は自前の通信設備を持ったキャリア(MNO、 mobile network operator)です。

しかし、大手キャリア3社と比較すると、まだ通信速度が遅く規模も小さいので、ここでは新規参入の格安SIMとして入れます。

どんどん勢いつけているので、今後の発展が楽しみですね。

使用するプランを決める

まずは、何と言ってもSIMカードの中身を決めましょう。

1.音声通話付きか、データ通信かを決める。

2.毎月利用するデータ量を決める。

3.(こだわりがある人は)利用する回線を決める

音声通話プラン or データ通信プラン

格安SIMは大きく分けて二つのSIMカードのタイプがあります。

音声通話付きプラン or  データ通信専用プラン となり、違いは音声通話ができるかどうかです。

データ通信プランは、2台目のサブスマホやタブレット、wifiなど、データだけあればいいという人向けです。

 

音声通話付きプランの特徴

・電話ができる

・最低利用期間(12か月)がある場合がある

音声通話プランだと、「080」「090」の電話番号がついて、電話ができます。

基本的なスマホ利用の目的なら、多くの人は音声通話を選びます。

最低利用期間未満で解約する場合は、解約金(平均1000円)かかるので、注意しましょう。

 

データ通信プランの特徴

・料金が安い

・最低利用期間がない

いつでも解約できるので、お試しで契約してもいいですね。

毎月利用するデータ量を決める

データ通信料の単位は「GB ギガバイト」です。

データ容量で月額料金が変わってくるので、自分の使いたい容量を把握しておきましょう。

以下は参考目安です。

(こだわりがある人は)利用する回線を決める

格安SIMでも、回線のこだわりがある人、もしくはSIMロックを解除せずにそのまま転出して乗り換え(MNP)て今のキャリアの回線を使いたいしたいという人は、格安SIMの回線を確認しましょう。

  • docomo回線系
  • au回線系:UQモバイル
  • softbank回線系:ワイモバイル

そして最近は2つ以上全部の回線対応できる格安SIMが増えています!!

IIJmioau/docomoの2つLINEモバイル、mineo、BIGLOBE3社トリプルの回線全て対応しています。

主要会社 使い勝手一覧

まず、自分の重視するポイントを押さえてから見てくださいね。

それでは、各社の特徴をつかみましょう!

LINEモバイル  au/docomo/softbank回線 SNS系最適

通信回線:au/docomo/softbank

特徴:SNS系のデータフリー

その名の通り、LINEがデータの消費なしでずーっと使えます。

有料オプションに加入すれば、Facebook、Twitter、インスタ、Spotifyもデータフリーで使えます。

LINEの年齢確認ができるため、ID検索機能も使えます。

mineo au/docomo/softbank回線 ユーザー同士の交流、データ容量の柔軟性

通信回線:au/docomo/softbank

特徴:業界最安級、マイネ王サイト運営、低速モード使い放題

関西電力グループが運営している会社です。なかなかユニークなサービスを提供しているのが特徴で、なんと「マイネ王」というサイト上でユーザー同士が交流できて、しかもデータをあげて分け合うことができるんです!

逆に低速を武器に攻めていくエココースもあるので、通信速度を気にしない人はさらに安く契約できます。

データプランも細かく選べ、店舗も全国200店だしているので、サポートも高評価です。

BIGLOBE au/docomo回線  動画・音楽配信サービス充実

通信回線:au/docomo

特徴:エンタメフリーオプション最強

Youtube、AppleMusic、AmebaTV、dマガジンなど21種類もの動画・音楽配信サービスのデータが消費にカウントされないエンタメフリーオプションがあります。音声通話付きプランで3GB以上の契約なら、たったの月480円で動画が見放題なのです。

データの利用目的が動画・音楽とはっきりしているなら、他社でデータ大容量契約するより、BIGLOBEで3GBでエンタメフリーオプション付けた方が安い可能性があります。

IIJmio  au/docomo回線 老舗の安定感

通信回線:au/docomo

特徴:料金安い、プランがシンプル、スマホセットが安い

株式会社IIJインタネットプロバイダーが運営、格安SIM普及前からサービスを提供している老舗かつ先駆者です。

ユーザー数が多いのと、料金もシンプルでわかりやすく、スタンダードを極めています。

スマホセットのセールもあり、スマホセットや品質で選ぶ人におすすめです。

サービスもオプションも一通り揃っている抜群の安定感です。

ワイモバイル softbank回線 大手と同じ品質を安く

通信回線:softbank

特徴:通信速度が速くて安定、実店舗数全国No.1、Yahoo!のサービス充実

ソフトバンクのサブブランドで、通信速度がソフトバンクと同じです。

全国の店舗数も多く、ワイモバイルショップや家電量販店で対面で契約したい人におすすめ。

家族割自宅ネットのセットで割引率も高く、セットでのお得感はあります。

Yahoo!関連サービスが充実し、Yahoo!やペイぺいモールのショッピングのクーポンと還元率も高評判!

さらには、Mysoftbankを使って、LINEの本人確認ができます。

基本月額料金は少し割高です。

UQモバイル  au回線  最速で安定した通信回線、データの繰越可能

通信回線:au

特徴:通信速度が業界最速、実店舗あり、データの繰越が可能

auのサブブランドです。au回線は最速で、通信品質が最高です。混雑時でもしっかりと安定した速度で、全時間帯快適にスマホが使えます。

ワイモバイルと仕組みが似ているので比較されやすいですが、月額基本料金ではUQモバイルの方が安く、また使い切らなかったデータを翌月に繰り越せるのが大きな違いです。

割引や会員サービスはワイモバイルほどないですが、シンプルなプランでわかりやすく、初めての格安スマホにおすすめです。

楽天モバイル

通信回線:楽天回線

特徴:格安なみに安い第4のキャリア、エリア内データ無制限、楽天ポイント

楽天は元々2020年4月8日まで、au/docomo回線を使ってMVNOとしてサービスを提供していましたが、楽天の社長がMVNOは大手キャリアの奴隷だいうことで、なんと自社の回線をつくっちゃいました。

当初は通信エリアが狭く、通信速度も遅く不評でしたが、今年は勢いづいて大きくキャンペーン出していますね。

UN-LIMITなら楽天回線でギガ使い放題、24時間話し放題、そしてなんと先着300万人まで1年間無料です(2年目からは月2980円)。

元々格安SIMで提供していたので、値段はそのまま格安SIMの水準で、自社通信回線も作って第4のキャリアとして逆襲。

楽天カードでの支払いで楽天ポイントが2倍になり、さらに楽天ポイントでスマホ代も払えちゃう。楽天ユーザーには使い勝手最高なサービスです。

とはいえまだ大手3社に比べれば通信エリアも通信回線の安定も改善が必要です。

今後の発展と勢い、革命がまだまだ楽しみな会社です。

格安SIMを選ぶときの注意点

格安SIMの選ぶ基準と代表各社の特徴を選びましたが、最後に注意点も載せます。

トータルコストで見た時に、損しないように以下のポイントに気をつけましょう!

・キャンペーンだけで選んではいけない

・SIMロックをはずす必要があるかどうか

・解約金

キャンペーンだけを見て契約すると、キャンペーン終了した後の月額料金が、ものすご高く感じます。キャンペーン終了後も自分の予算内かどうか、しっかり吟味ください。

また、現在使っている機体はSIMフリーなのかどうか、ロック解除する必要があるのかどうか、転出して乗り換えできる機体かどうかも確認しましょう。

最後に、現在使っているキャリアの解約金、そしてこれから乗り換える格安SIMの解約金・最低利用期間を確認しましょう。

全ての契約は始まりと終わりがあります。

始まりよし、終わりよし、となれるよう、隅々まで考慮しておきましょう。

通信費はもはや半永久的なものとなりますので、契約する時は、長期間で見た時のトータルコストで考えましょう。

 

では、格安SIMを選ぶ軸を持ってしっかりと自分の用途に合わせて最適なプランを選んでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたライター

いえん

自己紹介

お金大好き

朝から晩までお金について考えている系女子、いえんです。

 

収入をいきなり増やすのは難しい、ならば支出を減らしてやりくりすればいいもの!

モットーは、最小のコストで最大の効果を

全てにおいてコスパを徹底的追求します。

 

節約なら何でもお任せください(^^♪

この記事に関連するラベル

ページトップへ