翻訳機ぺリコの評判は?実際使ったメリット・デメリットを本音レビュー!

記事更新日: 2019/12/13

ライター: かずみん

この記事の結論

Pericoペリコは、機械が苦手な人でも簡単に使える翻訳機!

これがぺリコを実際に使って分かった結論です。

最近ますます需要が高まってきている音声翻訳機。

「オリンピックに向けて」

「外国語の学習として」

「ビジネスで」

「海外旅行に持っていきたい」

「外国人をおもてなししたい

音声翻訳機は様々な場面で使えるので1台持っておくだけで活躍してくれますよね!

でも、30種類以上の音声翻訳機が発売されていて、正直どれにしたら良いか分からない。。。

このページを訪れてくださったあなたはその中でも『Pericoペリコ』のスペックや使いやすさが気になってますよね!

そこでこのサイトは

この記事で分かること

・Pericoペリコとは?

・Pericoペリコの対応言語

・Pericoペリコのスペック

・Pericoペリコのメリット

・Pericoペリコのデメリット

・Pericoペリコを買う価値がある人

を詳しく解説します!

Pericoペリコの特徴

Pericoペリコとは?

2019年6月に『ユニオン電子工業株式会社』から発売されました。ペリコに向かって話すと音声を認識して、指定した外国語に即時に翻訳してくれます。

互いに自国語のままで対話できる双方向の音声翻訳機です。

これ1台で通訳者のような働きをしてくれるので、言葉の壁がなくなります♪

かずみん

もちろん日本語→〇〇語だけでなく、

英語⇔中国語とか、スペイン語⇔フランス語なんて使い方もできます!

 

38言語に対応


38か国の言語を搭載しています。


『ヨーロッパ』や『アジア』をはじめ、主要都市の言語は対応しています。

最近は海外のお客さんを接客する化粧品・ドラッグストア、小売、飲食、サービス、旅行、宿泊施設、レンタル事業などでの利用も増えています。

翻訳機を置いているお店は外国人にも大好評!

 

ペリコの基本情報

かずみん

創業から50年にわたって以上にわたって器及び電子部品の開発、設計、生産、品質管理、物流を行っているユニオン電子工業株式会社が2019年6月に発売しました。


発売会社 ユニオン電子工業株式会社
商品名 ぺリコPerico
価格 26,800円(税別)
対応言語 38か国語
インターネット接続 必要
翻訳方向 双方翻訳
利用シーン 海外出張・旅行、語学学習、観光地、店頭、多国籍会社のオフィス

 

ペリコのスペック

かずみん

携帯よりもコンパクトで持ち運びやすいサイズ感◎

操作もとっても簡単なのです!


大きさ 縦130mm×幅60.5mm×厚さ12.8mm
重さ 110 g
ディスプレイ 2.4インチ(タッチパネル)
充電時間 2時間
連続翻訳時間 7~8時間
3色(ホワイト・グレー・ブラック)
その他 Wifiルーター機能あり

カラーと価格

現在選べるかラーは3種類!

定番のホワイトだけでなく、スタイリッシュなグレーやブラックも人気です。

価格は税別で26,800円!

翻訳機の相場は2~3万円と言われているので、音声翻訳機としては平均的な価格設定だと思います。

ペリコのスペックを詳しくみてみる

 

実際使ったPericoペリコのメリット

使い方が分かりやすい

かずみん

右側のボタン長押しで電源が入ります。

電源長押し後、10~15秒で使えます!

左側のボタンは音量調節!

余計なボタンや機能がないのでとても使いやすかったです!


自分が話すときは緑のボタンを押しながら話す。

話し終えて緑のボタンを離すと、1秒後には翻訳がはじまります。

かずみん

わずか2ステップでの翻訳が可能なんです。

 

よく使う言語への変換(日本語→英語など)を基本設定にしておけば、本当に2ステップで翻訳可能!

シンプルで直感的に使えたので機会が苦手な人でも大丈夫!

 

タッチパネルだから設定も簡単

画面もタッチパネルで、スマートフォン(スマホ)のような感覚で言語選択などの操作ができます。

翻訳言語の切り替えもラクラク!

例えば日本国→ドイツ語に切り替えたいときは

かずみん

1. 基本設定されているこの画面で『英語』をクリック

2.『ドイツ語』を選択すると

3. 『ドイツ語』に設定できました!

これだけでいけちゃいます!

 

スピーディーな翻訳

実際使ってみて実感できたのがとにかく翻訳スピードが速い!

変換までわずか1秒と、ほぼ同時に通訳してくれるので全くストレスがありません。
また長文の日本語もしっかり英訳してくれたりと、翻訳のレベルもかなり高いです。

かずみん

70~80文字であってもわずか1秒で訳してくれました!

例えば実際試したのがこんな感じ↓

2018年9月の調査において、格安SIMの存在を知っている割合は90%を超えており、約半数が内容を理解しています。また、音声SIMとデータSIMの比率は、7対3でした。
In the survey in September 2018, the recognition of cheap SIM exceeded 90%, and about half of them understood the content. In additin, the ratio of voice SIM to data SIM is 70% for voice and 30% for data.

 

翻訳結果は自動保存、何度でもリピートできるので1度では聞き取れなかった内容を後で確認しなおすこともできます。

 

AIによる正確な翻訳

ぺリコに話しかけた音声は、インターネット上で文字変換され、最適なエンジンで翻訳、音声合成、瞬時に通訳されます。

AI翻訳といって、クラウド上の複数の翻訳エンジンを使い分けることで、変換したい言語に最適な翻訳を実現してくれます。

かずみん

この点がGoogle翻訳とは違う点ですね!

アプリでも十分では?という人もいると思いますが、実際に外国人を前にしてスマートフォンの翻訳アプリを使おうとした場合・・・

アプリを立ち上げて実際に翻訳するまで意外と時間や手間がかかって焦ってしまったり、Wifi環境が悪くて使えなかったり...という口コミもみかけます。

38か国で対応しているペリコはトラブル時でも安心して使えます。

また、定期的にアップデートすることで、翻訳の精度も高まります。

 

運びやすいサイズ感◎

かずみん

ペリコのサイズは縦130mm×幅60.5mm×厚さ12.7mm、重さ110 g。

携帯よりもコンパクトで、手のひらに収まるサイズなので持ち運びの邪魔にはなりません♪

画面も240×320ピクセルのタッチパネル式なので、スマホ感覚で扱えます!

お子さんの英語学習にもおすすめ

とにかく使い方が簡単!なので、外国語を学びたいお子さんに持たせてあげると喜ぶと思います。

世界の『挨拶』など、調べるだけでなく、発音練習に使えるのも良いですね!

 

Wi-Fiルーターとしても使える

別売SIMカードが必要にはなってしまいますが、ペリコをWi-Fiの親機として使うことができます。自分のスマホとPCなど複数台の端末にWi-Fiの電波をとばすことができます。もちろんペリコは翻訳機としても使えます。

旅先で地図を確認したいときや、出張先でノートパソコンを開くときもペリコがあると助かる場面がありそうですね^^

 
ペリコのメリットまとめ
・ 使いやすさが抜群
・ 38言語に対応
・ 翻訳速度が速い
・ コンパクトなサイズと重さ
・ Wifiルーターとしても使える

 

Pericoペリコのデメリット

使用にはインターネット環境が必要

ペリコはWi-Fi環境下もしくはデータ通信用のSIMカードが必要です。

SIMカード付きのプランが発売されていない点は残念です。

SIMカードを購入すると平均で2,000円〜5,000円してしまいますが、自分でSIMカードは用意できる!もしくはWi-Fi環境下で使うから大丈夫!って人にはおすすめです。

 

翻訳機で有名なポケトークは128カ国で使えるSIMカード付きプランがあります。

2年間どこでも使い放題のSIMがついたポケトークは29,880円。

設定不要で、箱を開けてすぐに使えるので、電子機器が苦手な人にはこちらの方が利用しやすいかもしれません。

一方で、Wi-Fiのルーターとして使うことができるメリットがあるので、海外に行くときは別途Wi-Fiルータを借りずにすむのは嬉しいですね!

 

たまに不正確な翻訳になってしまうことも

時には部分的な誤訳があるようです。
特に単語と単語の間の息継ぎや、言い直しが原因となり、翻訳が不正確になってしまうことが多いようです。

いわゆる日本語の『わび・さび』にような日本特有の言語、尊敬語や謙譲語、方言などは外国語に対応させることが難しく、誤翻訳するケースがあります。これはペリコに限った問題ではなく、音声翻訳機がかかえる課題ですね。

今後のアップデートに期待したいです◎

翻訳のポイント:『主語』『述語』をはっきり入力する!

 

履歴の整理ができない

ペリコは過去に翻訳した履歴がそのまま外面上に保存されます。

画面をタップすれば一度翻訳された文章を何度でも繰り返し聞くことができます。

しかし、履歴をパソコンに保存したり、よく使う表現をお気に入り登録する機能はありません。

また、履歴は『一括削除』しかないため、翻訳した結果を活用したい人にはあまり向いていないかもしれません。

 
ペリコのデメリットまとめ
・ 使用にはインターネット環境が必要
・ たまに誤訳がある
・ 履歴は見れるけど活用するには不便

 

買う前に知っておきたい注意点

自分の用途にあってる?

使いたい言語に対応しているかは確認しておきましょう。

38か国の言語を搭載していますが、万が一自分が使いたい国の言語が搭載されていないと後悔しちゃいます...

ペリコ 対応している38か国を確認する

 

操作には慣れておこう!

かなりシンプルな操作なので『訓練が必要』なんてことは全くありません。

実際使うときに焦らなくてもよいように、電源を入れてから翻訳をするまで一通り使ってみることをおすすめします。

 

基本的には1対1対応

ビジネスで使う場合は大人数の会議も想定されますが、基本的には一人が話してもう一人が聞くという作りになっています。

かずみん

ノイズキャンセル機能付きで360°無指向性マイクがついているので、よっぽどうるさい場所でない限り翻訳が可能です。

 

さいごに

今の時代、英語だけ話せてもダメという場面が増えてきました。

相手の言語に合わせて翻訳できる音声翻訳機は今後も需要が高まると思います。

ペリコがおすすめな人

・とにかく簡単に使える翻訳機が欲しい

・余計な機能はいらない

・海外に翻訳機を持っていきたい

・Wi-Fiルータとして使えると助かる

・英会話に通うのはハードルが高いけど、自宅で気軽に外国語の学習をしたい

・日本を観光している外国人をおもてなししたい

・とにかく言葉の壁をなくしたい!

ぜひペリコを使って言葉の壁を乗り越えて、今までにない世界を味わってみましょう!

この記事を書いたライター

かずみん

普段は医薬品開発の研究員として働く、いわゆるリケジョであるが、
自分自身の健康の秘訣は『1日1回は腹の底から笑うこと』だと思っている。

三度の飯とお笑いが大好きなアラサー女子。
焼肉とピッツァとチョコレートケーキでテンションが上がる。

この記事に関連するラベル

ページトップへ