紳士の香水 ボディセンスの口コミ 345件チェックしてわかった真実!

記事更新日: 2019/10/22

ライター: ようくん

まき

ちょっと!

ようくんどうしたのよ?

ようくん

出会いがしらにいきなり! どうしたってなにが?

まき

なんか臭いんだけど。

変な香水つけているでしょ?


世の女性の約60%は男性の香水に対して嫌悪感を抱いているってご存知ですか?

つけ方や量、そもそもの匂いが嫌いなど理由は様々なようです。

自分の体臭を消そうとして良かれと思ってつけていたものが逆効果になっていた・・・。

なんてことも往々にあるようです。

ようくん

臭いって・・・。

いい匂いだと思ったんだけどな。

まき

自分が良いと思う匂いと他人が良いと思う匂いは違うって知っていた?

香水を選ぶなら人の意見を聞いた方が絶対に良いよ。

特にモテたいなら女性の意見は必須だよ?

身体の匂いに関して評価をするのは自分ではなく、あくまで他人。

他人の意見が特に重要となります。

加えて香水に関しては、異性に対してのアプローチとして利用される方が多いと聞きます。

ようくん

この香水の香りって駄目かな?

まき

うん。

ちょっときついかなと・・・。

匂いに関して完全な正解はないけれど

ある程度女性が好む香りっていうのがあるんだ。

つけるのならそういった香りの方が良いよ。

今回は香水の中でも、女性の93%が絶賛したという香水があるという情報を入手しました。

その香水の名前は「ボディセンス」。

ようくん

ボディセンス・・・知らないな。

本当に効果あるの?

というか、ちょっと胡散臭いかも。

そんな意見も多いと思いますので、今回はネットやSNSなどにある口コミ情報を調査。

345件もの口コミを元にボディセンスという商品を丸裸にしていこうと思います。

この記事に出てくる専門家

まき

アロマに出会ったのは18歳のころ。
多感な時期で気持ちがあれる日が多かった中、アロマを炊くことで安らぎを得ていた。
それから12年、現在は製薬会社に勤めるかたわら、副業としてアロマ含む香りのアドバイザーをしている。
アロマテラピー検定1級、元アロマテラピスト

ボディセンスってどんな香水?

ボディセンスは美容品を専門に扱うソシア製薬が20年の歳月をかけて作り出した香水です。

女性の美容専門家100人が集ま美の祭典では、実に93%の女性が「いい匂い」と回答しました!

この商品は人口でも、天然でもない、性フェロモンを高めるということをコンセプトに開発されており、

「異性の好きな香り」をふりかけるのではなく、魅力成分をブーストする禁断のパワーツールとい言われております。

ようくん

フェロモンを高める・・・。

初めて聞くけど、匂いは大丈夫なの?

まき

匂い自体はそんなに強くないよ。

それに甘い香りだし、男女含めて

この匂いを嫌う人は少ないんじゃないかな。

ただの良い香りではない!性フェロモンを加速させる新しい香水

良い香りのする人は好感を持たれますがそれだけ。

魅力的に感じるかと聞かれると・・・。

それとこれは別!

と多くの女性は答えるでしょう。

ボディセンスは男性がモテるために作り出された香水なので

単なる良い香りではなく、異性を引き付ける効果が期待できる・・・ようです。

その秘密が性的魅力に関する香り「アンドロスタジエノン」。

それを引き立てる「センスフィール」という独自に配合した成分がボディセンスには配合されているのです。

 

<センスフィールに含まれる成分>

コレウスホルスコリ根エキス・チャ葉エキス・プロパンジオール

・コレウスホルスコリ根エキス:コレウスホルスコリというシソ科の植物の根から採れるエキスで、肌を保湿する効果がある。

・チャ葉エキス:チャノキの葉のエキス。収れん効果や酸化防止効果に優れている。

・プロパンジオール:トウモロコシなどの糖を発酵させて作られる成分。化粧品などに配合される成分で、保湿効果や肌の感触を向上させる効果などがある。

 

<液体方固形状にするための成分>

・ミツロウ:ミツバチが巣をつくるときに必要な蝋(ロウ)を精製したもの。

・マイクロクリスタリンワックス:ワセリンを精製してつくられた固形状のオイル。

ようくん

色々と含まれてるんだね。

肌に良さそうだしこれなら、安心して使えるね。

ところで、アンドロイドジエンノンって何なの?

初めて聞いたんだけど。

まき

普通しらないよね。

じゃあ、この成分に関しても解説していこうかな。


<アンドロイドジエノン>

オス、メスを問わず汗に含まれるステロイド。

人によって異なるが、不快な、甘い、尿のような、あるいは森林のようなにおいを持つとされ

花のような良いにおいであるという者さえいる。

ヒトに対してもフェロモンとして作用する可能性が提唱され、特に性的誘引物質として働く

のではないかと想像されているが、そのような主張を裏付けるような科学的データは乏しい。

ようくん

って、データは乏しいのかい!

まき

みたいだね(笑)

ただ、サプリメントを含め地球に現存する

ほとんどの化学物質の効果は いまだに証明されていないんだ。

ようくん

そうなんだ。

それじゃあ、まだ効果を判断するのは早いね。

 

ボディセンスの実績(美の祭典とは)

ボディセンスの評価として無視できないのが美の祭典での評価。

このイベントにおいて93%もの女性から魅力的な香りであるという評価をもらっています。

ようくん

凄そうなのはわかるけど。

美の祭典ってなに?

まき

男の子だとわからないよね(笑)

美の祭典は美容の専門家100人と美容関係のインフルエンサーが集まり

出店した商品のレビューをするイベントなんだ。

このイベントで評価された美容品は凄く質が良いって評判なんだよ。

 

ボディセンスの口コミ

ボディセンスの口コミを345件をチェック!

良い口コミ、悪い口コミ。

男女両方の意見も調査してみました。

ようくん

なぜ男女両方に?

まき

女性受けが良くても男性の反応が悪かったら

一般生活で使用できないでしょ?

それにやはり体験談は貴重よね。

せっかくだから、両方の口コミを見てみよう。

 

女性の良い口コミ

美容ライターA さん
評価:
効果は抜群かと
男性からボディセンスの香りがしたら思わず振り向いてしまうかなと。
男くさいわけではなく、甘い香りなのですがなぜか引き付けられるのですよね。
アロマテラピスト さん
評価:
凄くいい香りでした!
女性にモテるための香水も女性からすると臭いものが多いのですが
この香りは凄く良いと思います。
勘違いをして変な香りの香水を使っている男性に使ってほしいですね。

 

女性の悪い口コミ

主婦S さん
評価:
香りは良いと思うのだけど
香水としての香りはとても良いと思います。

ただし、金額をみると明らかに高すぎるかと。

夫にはおすすめできませんね。

美容師W さん
評価:
正直よくわかりませんでした。
香り事態に不快感は感じませんでしたが
普通の香水との違いがイマイチわかりませんでした。
金額もかなり高いため評価は厳しめに付けております。

 

男性の良い口コミ

会社員A さん
評価:
合コン大成功!
いつもよりも女性が近くに寄って来てくれるような感じが。
普段は連絡先を交換だけで終わっていたのですが
今回はデートの約束まで取り付けることに成功しました!
経営者H さん
評価:
妻に臭いって言われなくなりました!
年齢を重ねた影響からか、体臭に関して妻から指摘を受けるようになりました。
香水を使っても駄目で、試したところそれ以降指摘を受けることがなくなりました。

気になって聞いてみたら、すごく良い匂いだと・・・。

買ってよかったです。

 

男性の悪い口コミ

会社員E さん
評価:
モテないです
つけたらモテると聞いたのですが、全然効果がありません。
量を多めにつけたり、がんばって話かけたりもしたのですが。
返品もできないし、最悪です。
会社員W さん
評価:
タダの香水
試してみたけど効果なし。
結論から言うとただの香水です。
香りは悪くないし、使いやすいけどこの金額なら
無理に買う必要はないかな。

 

口コミ総評

良い意見、悪い意見色々と見つかりましたが

口コミをチェックしてみると良い意見が大半を占めておりました。

香水の中でもかなり高額な部類なのですが・・・。

これは効果が期待できるとみて良いのではないでしょうか?

普通の香水と違う?ボディセンスの正しい使い方

香水は通常、液体となっています。

全体に振りかけるか、手首に付けてからうなじに塗るか。

方法は色々とあるのですが、つける量の調節が非常に困難です。

ようくん

そうそう。

毎日香水をつけて会社に行っているんだけど

後輩に言ったらつけてたんですか!

って驚かれて・・・。

まき

逆につけすぎると、臭いしね・・・。

香水は調整が本当に難しいと思うよ。

通常の香水はスプレータイプのため量の調節が非常に困難。

その点、ボディセンスは液体ではなく珍しい練り香水。

指で適量を摂りさっとぬるだけでOK。

液体型の香水のように周りを気にせず使用できるため

外出先でも簡単につけることが出来ます。

 

ボディセンスはこんな人におすすめ

・モテたいと感じている人

・香水をつけているのに臭いといわれている人

・自分に自信がない人

・自分の匂いが気になる人

・ワンランク上の自分を目指したい

 

ボディセンス良くある質問

Q1、フェロモンってなんですか?

まき

フェロモンは性的魅力に関する物質です。

異性を引き付けるために人間以外の動物にも備わっています。

あくまで、無意識に働きかけるものなので目に見えたり

香りとしてわかるものではありません。

 

Q2、1か月持ちますか?

まき

大丈夫です。

ただし、早めに使いきってしまった場合はつけすぎている恐れがあります。

きちんと配分を考えて30日に近い形で使い切るようにしましょう。

 

Q3、つけたらモテますか?

まき

保証はできません。

ただし、いい匂いになるということは男性として

全体的な魅力は向上するのでチャンスが

増えるのではないかと思います。

 

Q4、高校生の子供に使わせるのは大丈夫ですか?

まき

学生の使用はお勧めしません。

香水を禁止している学校も多いのに

加えて密室空間での匂いの問題。

「香害」が最近の問題となっております。

 

Q5、よくあるフェロモン香水と何が違うのですか?

まき

フェロモン香水は天然・もしくは人工的なフェロモンを添加した香水です。

ボディセンスにはフェロモンは一切入っておらず

自分のフェロモンを強くする成分が入っているのです

ようくん

借り物と自前の違いね。

うん!わかりやすい。

 

Q6,定期コースを解約したいのですが

まき

コースの解約手続きをすれば大丈夫です。

最初の一回で駄目だった場合でも解約できるので

万が一合わなかった場合も安心ですよ。

 

Q7.肌荒れに関しては大丈夫ですか?

まき

通常の香水と比べて、保湿成分など肌に良いものを多く配合しています。

ただ、万が一肌荒れを起こした場合は使用を止め皮膚科に相談しに行ってください。

 

ボディセンスを一番安く買う方法

ボディセンスは公式サイトだけでなく、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどでも購入可能です。

そこで販売サイトでの購入金額を比較してみました。

※すべて1か月分の金額になります。

・公式サイト:4300円~6200円

・Amazon:7800円

・ヤフーショッピング:5730円

・楽天:6600円

ようくん

こうしてみるとAmazonが圧倒的に高くて

公式サイトが一番お得だね。

でも、公式サイトに幅があるのはどうしてかな?

まき

これは申し込んでいるコースによって金額が変わるということなんだ。

番安いコースは3個セットで購入する必要があるみたい。

ようくん

・・・それだと試したい人はヤフーの方がいいかもね。

まき

人によるけどね。

私は身体につけるもので中古品は購入したくないかな。

それに、練り香水は普通の香水より消費期限が短いから

いつ買ったかわからないヤフーはお勧めしないよ。

香水だけでは不十分?体臭対策教えます!

香水を正しく使っているのに、匂う。

臭いなんて言われる方も実は多くいるってご存知でしたか?

ようくん

マジで?

まき

マジマジ(笑)

香水って言わば足し算なんだ。

自分の元々の体臭と香水の香りが影響しあう。

つまり、体臭がひどいと香水をつけても

良い効果が得られないことがあるんだ。

香水はつけることで使用者の体臭と混ざり合って別の匂いに変化します。

つまり、体臭を改善することも非常に大切なことなのです。

そこで今回は無料でできる体臭対策についてご紹介します。

1

湯船につかる

石鹸とシャワーで表面の汚れは落ちますが肌の奥に潜む汚れはなかなか落ちません。

湯船につかるとその汚れが熱によって浮き出ます。

匂いのもとの汚れを綺麗にするには湯船につかる行為は必須と言っていいでしょう。

食生活を改善する

食生活は体臭に強い影響を与えます。

実際に、肉だけを食べるたんぱく質ダイエットを試したところ体臭が悪化した

というデータがあります。

体臭を気にされる方はバランスの良い食事を心がけてください。

 

最後に

香水は大人の身だしなみ・・・と言われますが

特に男性はきちんと活用できていないのが現状です。

自分が好きな匂いを良い匂いだと勘違いしたりつける量や場所を間違ったり。

年齢を重ねれば、匂いがきつくなるのは人間として当たり前。

香水をきちんと使いこなしワンランク上の身だしなみを身につけましょう

この記事を書いたライター

ようくん

給料の60%を食費に使う食の権化                
1989年山梨県生まれ。神奈川県在住(実家暮らし)。
食品会社にて商品開発をしながら投資を並行し生計を立てている。
食べるために稼ぎ(投資)、食べるために運動する(ダイエット)。
このように食に特化した人生を送る私の将来の夢は
「おいしい食を広め人々の笑顔を創り出す」ことです。 

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ