どんなときもWiFiの8つのデメリット!よい悪い口コミ評判を大調査

記事更新日: 2019/10/19

ライター: みこ

結論

デメリットはいくつかあるけれど、そのデメリットを差し置いても、どんなときもWiFiは使う価値がある!

みこ

CMでも無制限使い放題と話題のどんなときもWiFi

なんだかとってもよさそうで、購入を検討中!

とはいえ…

「デメリットはないの?」

「悪い評判はないの?」とちょっと不安。

みこ

悪いところもしっかり知った上で契約したい!

ということで、

すでにどんなときもWiFiを使っていて、モバイル博士とまわりから呼ばれているほど、モバイルマニアの木村くんにあれこれ聞いてきました!

モバイル博士

まかせて!

わかりやすく説明していくよ!

モバイル博士こと、木村くんのプロフィール

学生時代1年かけて、世界一周旅行へ。
その際に、海外の携帯料金の安さに衝撃を受け、日本の大手携帯会社に疑問を抱く。
 
"格安スマホ”が話題になる前から利用しており、今あるメジャーな格安スマホは全て利用経験あり。
携帯電話に関しての知識が豊富で、友達から携帯料金見直しの相談を受けることも多い。
 
仕事で海外に出張に行くことも多く、WiFiについての情報もバッチリ!
 
※会社的に顔出しNGとのことで、今回はイラストで登場してもらいます!

みこのプロフィール

通信博士の木村くんとは学生時代の友達
通信系にとどまらず、機械系全般が苦手。
WiFiのパンフレットを読んだだけでは理解不能なほど(笑)
そんな知識ゼロな私にも理解できるように説明してもらいたいと思っている。

 

モバイル博士

まずは基本から!

どんなときもWiFiとはどんなもの?

モバイル博士

どんなときもWiFiは、

2019年3月に発売されたモバイルWiFiルーター。

 

大きな3つの特徴は…

1.容量無制限

2.トリプルキャリア対応

3.海外でもそのまま利用可能

なんだ!

みこ

おおー!

なんだかすごそう!

これは、もう買うしかないか!

モバイル博士

まってまって!

すごそうなのはわかるんだけど、

どんなときもWiFiのデメリットもあるから、それも知ってから判断してね!

みこ

あ、そうだった!

それが目的だったんだ〜笑

モバイル博士

では、早速デメリットからいってみよう!

 

どんなときもWiFiのデメリットは?

モバイル博士

デメリットは次の8つ

みこ

8つもあるのかー。

モバイル博士

あはは〜そう言わないで!笑

 

利用者の口コミとともに、

順番に詳しく説明していくよ!

 

【デメリット1】契約は2年縛り…

モバイル博士

上の表は、どんなときもWiFiの公式HPに載っているものなんだけど…

 

契約期間は2年間の自動更新

こんな意見も。

みこ

携帯みたいな感じなんだね。

そうそう!

携帯電話では当たり前となっている2年契約。

ポケットWiFiにおいても、わりと普通のことなんだよ。

みこ

うわー!本当だね。

UQWiMAXなんて、3年じゃん!

モバイル博士

そうなんだよ…。

UQWiMAXは繋がりやすいさで、使っている人もかなり多いんだけどね。

 

そう考えると、どんなときもWiFiの2年契約も許せる範囲かな?!

注意点

2年契約の自動更新なので、できるだけ2年間使おう!

 

【デメリット2】端末はレンタルで解約時に返却が必要…

モバイル博士

なんと、端末は0円

みこ

わあ〜!それは嬉しい!

モバイル博士

無料は無料なんだけど…

どんなときもWiFiの端末は、新品をレンタルでの貸し出しなんだ。

つまり…

解約時には必ず返却しなければならない!

みこ

もらえるんじゃないのかー!

そうなんだよね…。

覚えておかなくてはならない重要なポイントは…

  • 返却期限までに返却しない場合
  • 返却時に故障している場合

には、機器損害金18,000円がかかってしまう!

だから、こんな意見もあるんだよね。

みこ

確かにねー。

返却するって考えたら、少しめんどうかも…。

モバイル博士

そこが残念なポイントではあるよね。

ただ、返却するのがどうしても無理じゃなければ、使う価値はあるよ!

注意点

解約時に端末は返却が必要

本体/USBケーブル/取扱説明書/個装箱はなくさないよう取っておこう!

なくしてしまうと、機器損害金18,000円がかかる!

 

【デメリット3】解約手数料が高い…

モバイル博士

これも気をつけなくてはいけない重要なポイント!

携帯や、他のWiFiルーター同様に解約するときには解約手数料がかかる場合がある!

その解約手数料はこんな感じになってるよ。

期間は2年毎の自動更新となり、初回は25ヶ月目が更新月になります。

更新月以外のご解約には別途解約手数料が必要となります。

みこ

うわ…。

結構高いんだね…。

そう思っている人も多いんだよね。

ただ!

この解約手数料。

出典:UQWiMAX

UQWiMAX の2年契約のものと解約手数料自体は同じなんだ!

みこ

あ、確かに。

モバイル博士

とはいえ、高いのは事実。

解約手数料が許せる範囲かどうかで判断しよう!

注意点

更新月以外の解約は解約手数料がかかる

解約は25ヶ月目がベスト!

 

【デメリット4】クレジットカード払いじゃないと高くなる…

モバイル博士

これはちょっと厄介!

HPには月額3,480円と大きく記載されているんだけど…

これにはちょっとしたがあるんだ!

みこ

ええーーー!

それは…

3,480円になるのは、クレジットカード払いの方のみ!

 

口座振替も利用できるんだけど、

その場合には月額料金は500円アップの3,980円

さらに、別途で口座振替手数料が毎月200円(税抜)かかるから…

合計金額は4,180円

みこ

えーー!

てことは、700円も高くなっちゃうんだね…。

モバイル博士

そうなんだ…。

口座振替を考えている人は要注意!

注意点

口座振替は割高になってしまうので要注意!

できるだけクレジットカード払いを利用しよう!

 

【デメリット5】3年目からは料金がアップする…

モバイル博士

上の料金表を見て気づいた人もいるかもしれないけど…

月額料金にはもう一つの罠があるんだ!

それは…

3年目からは料金がアップする!

 

たとえクレジットカード払いでも、3,480円になるのは最初の2年間のみという条件付き。

3年目からはずっと3,980円

 

口座振替払いの場合も同様に、500円アップで4,410円

別途で口座振替手数料が毎月200円(税抜)かかるから…

合計金額は4,680円

みこ

あとから値上がりするパターンだったのか…。

確かにそれは難点だな。

モバイル博士

だよね…。

でも、これには解決策があるよ!

それは…

2年経ったところで解約して、もう一度契約しなおす!

 

25ヶ月目は、解約手数料も0円だったよね。

事務手数料3,000円は新たにかかっちゃうけど、

月額料金が毎月500円アップだったら、6カ月あれば3,000円なんて帳消しできちゃうからね!

みこ

なるほどー!

モバイル博士

それに、通信業界の発展はとっても早いから、

2年後なんてどんなときもWiFiのこのプランが1番おすすめのものかどうかはわからない!

 

だったら、とりあえず契約期間の2年間の値段で考えてもいいんじゃないかな。

みこ

確かに、そうだね〜!

注意点

3年目からは月額料金が500円アップする!

2年経ったところで解約して、再契約するのが1番お得!

 

【デメリット6】同時接続数は5台…

モバイル博士

これも気になる人が多いかもしれないんだけど…

一度に繋げる回線の数である、同時接続数は最大5台!

 

これにはこんな声も多いんだ。

みこ

そうなんだね…。

私の場合は、携帯とパソコンと…

って、2台しか繋ぐのなかったー笑

モバイル博士

人によって必要な数はさまざまだから、

何回線あれば足りるのか、しっかり数えておこう!

注意点

最大接続台数は5台

何回線必要なのか契約前に確認しておこう!

 

【デメリット7】速度が遅い…

モバイル博士

下の図を見てみて。

人気のWiMAXの最新機種で比較してみたよ。

みこ

えーー!

めちゃくちゃ遅くない?!

ただ、これには補足があって…

WiMAXには※で注意書きがあるんだ。

それがこちら。

※下り速度

<東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。
ハイスピードプラスエリアモード(有料)、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時
Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。

※上り速度
ハイスピードプラスエリアモード(有料)ご利用時

みこ

うう…よくわかんないけど、ややこしい。

ややこしいこと書いてあるけど…

結局普通に使うとなると、

ってこと。

みこ

だとしても、どんなときもWiFiの方が遅いよね?!

数字だけを見たらそうなんだけど…

最大速度に関しては、そこまで気にしなくて大丈夫!

みこ

え?!そうなの?!

そう!

この速度はあくまでも技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものでない!

 

つまり、簡単に言うと…

理論上の最大速度であって、常に最大速度が出ている訳ではない!

使う場所や時間帯、諸条件によって速度は変わるんだ!

 

これを見て!

モバイル博士

そう!

最大速度はあてにならない!

それよりも、

どんなときもWiFiはドコモ・au・ソフトバンクの3つのキャリアの回線が使えるから、電波の繋がる範囲が広い!

速度よりも、繋がりやすいさを重視する方がいいんじゃないかな?

みこ

なるほどね〜。

注意点

最大速度は他者に比べて確かに遅い

ただ、最大速度は理論上の数値でほとんどあてにならない!

 

【デメリット8】携帯を使うことに歯止めがきかなくなる…

モバイル博士

これは結構なデメリットだよ〜!

それは…

携帯やパソコンを使うことに歯止めがきかなくなる!

 

どんなときもWiFiは無制限で使い放題だから、速度制限なんてことを考えない!

となると…一日中携帯でユーチューブを見ちゃった!なんてこともありえちゃうわけ!笑

みこ

そう言われると、ありえるかも〜笑

嬉しいデメリットだけどね!

注意点

携帯を使いすぎちゃって困るということになりそうな人は注意!

 

どんなときもWiFiのメリットは?

モバイル博士

デメリットがわかったところで、メリットもみていこう!

メリットは次の7つ

【メリット1】クラウドSIMだからサクサク繋がる!

モバイル博士

他のWiFiルーターにはない大きな違いが、このクラウドSIM

みこ

あの…

クラウドSIMって…どういうこと?

モバイル博士

おっと、ごめんごめん!

それはね…

クラウドSIMとは?
SIMカードを通信端末ではなく、クラウドサーバーで管理する、次世代型の通信技術のこと。

みこ

むむむ…。

モバイル博士

そうなると思ったよ〜笑

 

簡単に説明していこう!

 

通常、WiFi端末やスマホなどの通信端末には、1台につきSIMカードが1枚挿入されている。

このSIMカードによって、通話やインターネットなどの通信サービスが利用できているんだ。

みこ

うんうん。

しか使えない。

みこ

え?それって当たり前じゃないの?

モバイル博士

それが当たり前じゃなくなっちゃうのが、クラウドSIMなんだな〜。

クラウドSIMでは、端末にSIMカードがない!

ネット上のサーバーに世界中の複数のSIMカードがあるのが特徴

 

この写真のように、クラウドSIMには想像以上にたくさんのSIMが登録されていて、

出典:ITmedia Mobile 「jetfon」「変なSIM」登場 改めて「クラウドSIM」のメリット・デメリットを知ろう

今いる場所で1番最適な回線に接続してくれるんだ!

みこ

たくさんのSIMが使えるってこと?

モバイル博士

そうそう!

簡単に言うと…

なんと、日本だと、

ドコモ、au、ソフトバンク全ての回線が利用可能!

 

だから、以前ニュースなったように電波障害の場合も…

障害の起きていない、他の回線を使うことができちゃうんだよね〜!

みこ

携帯が使えないだなんて、ありえないから、

これは嬉しすぎるかも!

モバイル博士

今の時代、携帯がないと何もできないもんね。

 

電波障害だけじゃなく、他にも…

山奥や、ビルの中など

例えばauの電波は繋がりにくいというところでも

ドコモ、ソフトバンクの繋がりやすい方の回線を使うことが可能!

 

だから、いつでもどこでも快適にサクサク利用できるってわけ!

モバイル博士

一度にドコモ、au、ソフトバンクの端末3台を持っている感覚かな!

繋がりやすさに関しては、かなりの口コミがあったよ!

みこ

いくら使い放題でも繋がらなかったら意味ないから、これは嬉しい!

 

【メリット2】速度制限なし!無制限で使い放題!

モバイル博士

とにかく最大の特徴は、

速度制限がないってことじゃないかな!

どんなときもWiFi以外にも、

データ容量無制限で使い放題!」というものは、いくつかある。

だが、これは条件付き!

混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。

引用:UQ Communications

3日で10GBを超えてしまうと、速度制限で通信速度がめちゃくちゃ遅くなる!

 

これは携帯の速度制限などで一度は経験したことがあるんじゃないかな。

みこ

あるよー。。。

検索とかしてても、全然開けなくてイライラしちゃうんだよね…。

本当にあれは使い物にならない!

だよね。

つまり速度制限がかかったポケットWiFiは、あって、ないようなもの!

みこ

素朴な疑問なんだけど…

10GBって、どれくらいの量なの?

モバイル博士

GBって言われてもピンとこないもんね。

LINEとかのメッセージや、ちょっとしたネット検索ぐらいだったら10GBになることはほとんどないけど、

下の人の口コミにもあるように、2時間ドラマや映画を見ると7GBくらい(画質レベルによる)かかってしまう。

 

加えて、ゲームのダウンロードをしたりしたら、それでもうアウト!

 

表を見てもらえばわかると思うんだけど、

“速度制限”がないのは、どんなときもWiFi!

みこ

速度制限がないってだけで、かなり価値があるよね!

 

“使い放題!”って言ってるのに、速度制限あるなんておかしな話!

モバイル博士

わかるー。

こんなふうに速度制限に悩んでる人は、とっても多いんだよね。

 

速度制限に悩んでいる人には、どんなときもWiFiが最適!

 

みこ

確かに!

 

【メリット3】料金プランがシンプルでわかりやすい!

モバイル博士

「通信系の料金形態って複雑でわかりにくい…」

そう感じてるってことないかな?

みこ

そう感じるよー!

自分が払ってる携帯代でさえ、よくわかってないもん。

そうだよね。

他者のWiFi端末の使用料金も、

  • 契約期間によって違ったり
  • パソコンを同時に購入すると違ったり
  • 「○○割」なんていう、よく把握していない割引があったり

といろんな条件によって異なっていたりで複雑すぎる!

 

そんな中、どんなときもWiFiは、

支払いが

  • クレジットカード払いか
  • 口座振替払いか

によって、値段が異なるだけでプランは1種類のみ!

だから…

モバイル博士

※で重要な情報を見逃してた…」なんてこともなく安心!

みこ

後になって、パンフレットの下の方に小さい字で書いてあった重要なことに気づくってこと、結構あるんだよね…。

これなら安心。

 

【メリット4】料金が安い!

モバイル博士

料金もだいぶ差があるんだ!

データ容量無制限で有名なUQWiMAXは、2019年10月1日より新料金になり、今までの1ヶ月4,380円から

1ヶ月3,880円に値下げ。

 

しかも、さっきも伝えたように…

これらの料金は3日で10GBで速度制限ありの値段。

 

どんなときもWiFiは、速度制限なしで1ヶ月3,480円

速度制限なしでのこの料金は安いと言えるんじゃないかな。

みこ

速度制限なしでこの値段はかなり安いね!

 

【メリット5】レンタルWiFi不要?!海外もそのまま使える!

モバイル博士

海外に旅行に行く時とかは、WiFiのレンタルとかしてる?

みこ

レンタルは借りたり、返したりが面倒でしてないんだ。。。

 

ホテルか、ショッピングモールとかの無料WiFiを使ってるんだけど、正直不便さはあるよね。

通常、SIMカードは国によっても違う。
 
だから、海外にいるときは海外用のSIMカードを入れた端末が必要で、普段使っているWiFi端末はそのまま海外に持っていっても使えない。

みこ

うんうん。

だけど…
【メリット1】で言ったように、どんなときもWiFiはクラウドSIM搭載!

 

そして、クラウドSIMには世界中のSIMが登録されていて、海外だとしても端末の現在位置に応じて、最適なネット回線に接続してくれる

 

つまり、同じ端末で海外でも使えるんだ!

みこ

持って行くだけって、すごすぎ!

 

でも…事前に申請が必要とか?

モバイル博士

それが…

事前申請は一切不要!

海外での利用が確認されると、自動的に料金が発生する仕組み。

みこ

まじすかー!

そんなに簡単なら海外で使ってみたい!

 

簡単なだけじゃなくてね…

料金もお得なんだよね!

みこ

そうなのー!!

というのはね…

WiFiレンタルの料金形態は基本的に、

料金が発生するのは、利用したかどうかに関係なく

WiFi端末の受取日〜返却日

つまり…

実際にWiFiを使ったのは5日間だったとしても、

移動に往復で2日かかったとしたら、7日分の料金がかかるってこと!

その他に受渡手数料などがかかることも少なくない。

 

どんなときもWiFiなら、普段使っている端末をもっていくだけだから、手数料などはかからないもはもちろん、

移動の際の料金はかからず、

さらに!

滞在中のWiFiを使わなかった日の料金もかからない!

料金が発生するのは、

使った日分だけ!

みこ

これなら、使うかわからないけど、

万が一のために持っていくことができて海外旅行も安心だね。

 

【メリット6】端末代は0円!

モバイル博士

【デメリット2】で伝えたように、端末はレンタルで解約時に返却が必要。

でも、

レンタルだとしても、端末代が無料というのはメリットの1つじゃないかな!

みこ

うんうん!

無料なのはありがたい。

 

実際にどんなときもWiFiを使ってみました!

モバイル博士

実際に手に入れたときの様子を報告していくよ!

 

どんなときもWiFiが家に届いた!

こんな感じの箱で届きます!

開けてみると…

緩衝材でしっかり梱包されていて、好印象。

中には、契約書と説明書、どんなときもWiFiが入っています。

MicroUSBケーブルは同梱されていますが、充電器(ACアダプタ)は付属していません。

ACアダプタは別売りです。

モバイル博士

ACアダプタ1,800円って結構高いよね…。

購入しなくてもケーブルは同梱されてるし、家にあるACアダプタでも対応可能だよ!

おおー!しっかりと箱に収められていました。

サイズは、ほぼスマホと同じサイズです。

説明書も簡単!

側面の電源を入れて、スマホなどの端末にパスワードを入力すればOK。

1分あればWiFiにつながります!

 

繋がりやすさをチェックしてみよう!

モバイル博士

同時接続数は5台のどんなときもWiFi!

そうはいっても、速度が遅かったら意味がない!

ということで、YouTubeを同時に再生してスムーズさをチェックしてみました。

みこ

おおー!

それは参考になりそう!

モバイル博士

でしょー!

その動画がこちら!

モバイル博士

5台じゃなくて、4台になっちゃったのは大目にみて…。

4台同時に再生ボタンを押しましたが、再生までの待ち時間ゼロ!

途中で止まることも全くなく、最後までサクサク見れました!

みこ

これはすばらしい!

地下鉄とか、ビルとかではどう?

モバイル博士

もちろん場所によっては電波の入らないところもある!

 

でも、携帯の電波が入るところだったらしっかりと繋がるから不便に思ったことはないよ!

【メリット1】の利用している人の口コミにもあったけど、「むしろ携帯より繋がるんじゃないか?!」ってくらいで助かってるんだ!

 

購入を迷っている方必見!お得な使い方を大公開!

モバイル博士

「よさそうな気はするけど、どうしようかな〜」と購入を迷っている人も多いんじゃないかな?

みこ

うんうん。

安いとはいえ、毎月の出費となると即決はできないよね…。

モバイル博士

そんな人には、お得な使い方を教えちゃおう!

それは…

今使っている携帯の契約ギガ数を必要最低限にして、

どんなときもWiFiをいつも持ち歩くこと!

携帯のギガって思っている以上にすぐになくなっちゃって、速度制限…。

 

携帯が使えないなんて致命的だから、「ついつい課金しちゃって…って、携帯代が恐ろしい…」って人もこんなふうに多い。

みこ

経験あるー!

モバイル博士

そんな人におすすめなのが、このお得な使い方なんだ!

モバイル博士

どんなときもWiFiには速度制限がない!

 

そして…

ドコモ、au、ソフトバンク全ての回線が使える!

だからこそ、

携帯の契約ギガ数を必要最低限にしても問題なし!

 

携帯の契約ギガ数を必要最低限にして、どんなときもWiFiを持ち歩けば、

通信無制限な上に、節約になる!

 

今使っている携帯の契約ギガ数を必要最低限にして、どんなときもWiFiを使ったときの料金比較はこちら!

※各社とも、割引プランなし・2年契約の料金(税抜)

みこ

なるほど〜!

安くなったのに、速度制限とさよならできるなんて最高!

 

どんなときもWiFiは最強ルーター!

モバイル博士

デメリットとメリットをいろいろ説明してきたけど、

速度制限なしの無制限で3,480円というのはかなりの魅力!

次のことに注意さえすれば、

どんなときもWiFiは確実に最強のモバイルWiFiルーター

使う価値は十分にあるんじゃないかな!

注意点まとめ

契約は2年縛りなので、2年は使う予定でいよう!

端末はレンタルなので、届いた時の箱や付属品は失くないように保管しておこう!

3年目からの月額料金が高くなるので、安く使うなら25ヶ月目に解約して再契約しよう!

支払いはクレジットカードで払うのがベスト!

無制限使い放題のモバイルWiFiはもう1つあった!

モバイル博士

どんなときもWiFiと同じクラウドSIMを搭載した、モバイルWiFiルーターは実はもう1つあります!

それは、2019年10月10日に発売された限界突破WiFi

氷川きよしさんがCMキャラクターとつとめることでも話題となっています。

この限界突破WiFiが優れている点は、端末がレンタルじゃなく、契約するとタダでもらえるところ!

なので、解約時にも端末を返却する必要がない!

「どんなときもWiFiいいんだけど端末レンタルなのがな〜」と思っている人は、こちらをチェックしてみよう。

※どんなときもWiFiとの詳しい比較は、こちらの記事を参考にしてください!

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ