おせちのバイヤーに聞いた! 高島屋のおすすめおせちランキング

記事更新日: 2019/08/25

ライター: ようくん

おせち料理といえば高島屋。

新元号の幕開けのおせちは豪華に、美味しいおせちが良いですよね?

でも、高島屋のおせちって種類が多すぎて選べない。

悩んでいたら、予約が終わってたなんて話も結構聞きます。

そこで、今回はおせちを扱って13年。

私の食べ友(とあるグルメサークルの食事会で知り合った食べ歩きを一緒にする友達)

兼、歴戦のおせちバイヤーに直接お話を聞いてきました。

なんと、こちらの方もおせちは高島屋で買っているようでして・・・。

ようくん

高山さん。

本日はお時間いただきありがとうございました!

 

高山さん

いえいえ。

ようくんには美味しいお店いっぱい紹介してもらっていますから。

これくらいお安いごようですよ。

ようくん

ところで、高山さんは高島屋さんでおせちを買われいるんですよね。

自身のお店でも扱っているのにどうしてなのですか?

高山さん

その理由は単純に高島屋のおせちが一番種類が多くて美味しいといわれているからです。

高島屋という最高級のブランドでしか取り扱えない商品っていうのが色々とあるってご存知でしたか?

おせちの中にもそういったものが多いので、私は高島屋さんをよく利用していますね。

もちろん、市場調査という意味合いの方が強いのですが(笑)


おせちのバイヤーをもってしても、レベルが違うと言わしめる高島屋のおせち。

今回はその中でも特におすすめのものをランキング形式で紹介します。

令和の1年のスタートに綺麗で美味しいおせちはいかがでしょうか?

 

この記事に出てくる専門家

高山さん

百貨店でおせちのバイヤーをして13年。
これまで、食べたおせちの種類は500種を超えるそうです。
普段は美味しいものを食べるのが趣味で、家族に内緒で外食をしていることも。
その分、記念日には妥協せず「最高に美味しいものを家族に」が信念の中学生の娘がいるアラフォーパパ。

高島屋のおせちが人気の理由

※新宿高島屋本店の画像です。

高島屋のおせちが人気の理由は大きく分けて2つ。

圧倒的なラインナップと一級品の美味しさです。

それではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

1

圧倒的なラインナップ

高島屋のおせち料理は大手デパートの中でもラインナップがとりわけ豊富となっております。

平成最後のお正月となった2019おせちはなんと1100点!でした。

おそらく令和最初のおせちはそれと同じか、それ以上の品ぞろえになるのではと考えられます。

そして、そのなかの商品のほとんどが、高島屋か自社でしか扱うことが許されない超一級品のおせち。

ようくん

1100点って、とんでもないですね。

高山さん

本当に・・・。

普通は多くても100点くらいですからね。

通常、おせちのバイヤーはカタログに載るおせちはすべて事前に食べているのですが

この数ともなると本当に大変ですね(笑)

ようくん

全部食べてるんですか?

高山さん

食べたものがないものはすべて食べますよ。

信じられないかもしれませんが、おせちの商談って5月の終わりくらいから始まりまるんです。

その時から少しずつ。

私も、今年だけで50種類は食べましたかね(笑)

2

厳選された美味しさ

高島屋のブランドコンセプトは「本当に良いものをお客様にお届けする」というもの。

そのコンセプト通り、高島屋に置いてある商品はどれもが一級品なんです。

服に装飾品、家具から文具から食材まで。

それらの商品は高島屋に長年勤めるバイヤーの目利きで選ばれております。

おせちに関してもそれは例外ではありません。

超一流のバイヤーによって、味・見た目・高級感・斬新さなどなど。

日本全国から集められたおせちの中から、さらに厳しい審査を経て厳選されたものが並ぶのが高島屋のおせちカタログなのです。

ようくん

他のお店ではどうなんですか?

高山さん

私のお店でも審査をして厳選はしますよ。

ただし、高島屋さんのような高級店とは客層が違うので、審査といってもかなり甘いかと思います。

 

失敗しない!美味しくて綺麗なおせちを選び方

ようくん

去年、とある量販店で高級料亭のおせちってのを取り寄せたんですよ。

そしたら、家についた時には中身がくずれてしまっていて。

写真のイメージ通りかつ、美味しいおせちを購入するコツってないものでしょうか

高山さん

ありますよ。

私がいつも選ぶときに使っているコツをお教えしましょう。

カタログを見て、家に届いたおせちがぐちゃぐちゃ。

美味しそうだと思って買ったら、コンビニのものよりも美味しくなかったなんてことになったら嫌ですよね?

そこで、なぜ崩れが起きるのかと、美味しくて綺麗なおせちを選ぶコツを教えてもらいました!

 

おせちが崩れて届く理由と綺麗なおせちを選ぶコツ

通常、カタログに載せる商品に関してはバイヤーが試食をして現物も見てる商品になります。

そこで見た目や味が悪ければ外されてしまう。

なので、メーカーもサンプルに関してはいつも以上に力をつけて作るわけです。

しかし、本番になって見ると、内容量が減っていたり見た目が微妙に変化していたりと。

サンプルと本番とではメーカーの気合の入れようが違ってくるのです。

※入っているものが変わるのは違反行為なのでほとんどありません。

ようくん

つまりは、バイヤーさんにとっても崩れるのは寝耳に水な出来事なわけですね。

でも、それだと防ぎようがないのでは?

高山さん

普通の商品ならそうでしょうね。

ただし、カタログやWEBで特集を組んでいる商品に関しては別です。

特集を組む=百貨店が力を入れている。

つまりは自分のお店のメンツにかかわる商品なのです。

配送のテストはもちろん、メーカーへの念押し具合も段違いなので崩れの心配はありません。

それでも、ひどい崩れがあったなどのクレームが出ようものなら、私だったら2度と特集を組まないでしょうね。

ようくん

特集を組まないといっても販売はするのですよね?

高山さん

そうですよ。

ただし、あくまでうちの例ですが、特集を組んだおせちと組まなかったおせちの売り上げの差は10倍~20倍。

高島屋さんの規模だと100倍近く違うのではないでしょうか?

そのような売り上げを落とすような真似は私でしたらできませんね。

美味しくて綺麗なおせちを選ぶ方法は会社が押している商品。

その根拠はお店のメンツがかかっているから。

もし、こういった商品でトラブルが起きてしまった場合、来年以降の取引に影響がでる可能性があるとのこと。

これは確かに、信憑性がありますね・・・。

 

高島屋のおせちおすすめランキング

高島屋で販売されるおせちのランキングです。

評価基準は

①商品内容から見たコストパフォーマンス

②口コミ情報

③過去のデータ(特集の有無なども)

 

第1位 京都・洛東の料亭〈わらびの里〉が仕立てたゴージャスな与段重


2019年高島屋のバイヤー、一押しのおせちです。

新年のはじめ、お正月の食卓を彩る“おせち料理”。

見た目が華やかでボリュームもたっぷり。

和洋折衷のまさに“おせちクラシック”ともいえるのがこの〈わらびの里〉与段重。

京都・洛東の牛尾山の麓に佇む〈わらびの里〉は、海や山の幸を贅沢に使い、京の食を今に伝える料亭。

その手仕事の繊細さ、豊かさは、一品一品の料理の味わいに詰め込まれています。

令和最初のお正月にはぴったりのおせちではないでしょうか?


購入者の口コミ

まみ さん
評価:
平成最後の正月に相応しい出来栄えでした!
平成最後ということで、はじめて高島屋さんでおせちを購入しました。
毎年、色んなところで買ってきましたが味も内容も別格です!
いつもは残るおせちも一日でなくなってしまいました(笑)
また来年もよろしくお願いします
 
たかし さん
評価:
おせちといえば高島屋
おせちは毎年高島屋で購入しています。
今回のおせちもいつも通りとても美味しかったです。
普通おせちというと固いイメージなのですが、、チキンマリネや豚の角煮なんかも詰めて合って子供にも大好評でした。

高山さん

私も去年買いましたが、本当に素晴らしかったですよ。

一品一品のこだわり。

高島屋さんの本気を見ましたね。

 

第2位 尾頭つきの鯛の塩焼きをセットした大阪の「味わいおせち」

明治34年に創業した大阪の老舗〈一冨士〉が仕立てた正統派おせちです。

普段はお弁当や給食など地元に根付いた食を供給している一富士。

そんな一富士がおせち事業を始めたのが50年前。

今回は大阪で長く愛されてきた日本の定番のおせち三段重に加え、与の重として「にらみ鯛浜焼き」をプラスした豪華なもの。

「めでたい」縁起物として、祝い魚の代表とも言える尾頭付きの鯛が丸ごとパリッと焼き上げられており、祝いの席を一層賑やかに盛り上げます。


購入者の口コミ

久しぶりの味に感激です!

ゆりか さん
評価:
久しぶりの味に感激です!
関東に移ってからはなかなか食べる機会がなかった一富士のおせち。
ネットで名前を見た瞬間迷わず注文してしまいました。
昔から変わらず美味しくて素晴らしいおせちでした。

 

まさき さん
評価:
鯛はおまけかと思っていました
豪華な見た目と鯛焼きに惹かれて注文しました。
おせちが主役かと思っていたのですが、鯛浜焼きの美味しさにびっくり。
今まで食べた鯛のなかで、一番美味しかったです。

高山さん

大阪屋さんのおせちはまず間違いないですよ。

おせちの老舗中の老舗。

うちのお店でも取り扱いたいくらいです。

第3位 京都木屋町の懐石料理〈温石左近太郎〉監修の絶品おせち

温石左近太郎は1世紀前の料理旅館を改修して作られた京都の高級料亭。

今回はおせちの王道、アワビ旨煮や蒸しウニ、数の子に加えて、湯葉、鱒の西京焼き、高野豆腐といった京都ならではの味わいをプラス。

なんと60品目もの素材を使って、贅沢なひと品に仕上げています。

京都の高級料亭ならではの出汁のメリハリに今までのおせちとの違いがはっきり分かる逸品です。

 

購入者の口コミ

ゆうすけ さん
評価:
こんなおせちは初めて食べました
見た目や入っているものは普通のおせちとあまり変わらないのに、味が全然違うんです。
凄く上品でなんていうか、高級感のあふれる味でした。
家族も大満足で私もまた食べてみたいです。
ゆみこ さん
評価:
京都の料亭おそるべし
こんなに美味しいおせちを食べたのは初めて!
普段食べていたおせちも十分和の味なのですが、それを超える和というか・・・。
説明が難しいのですが、とにかく最高でした。

高山さん

高島屋さんオリジナルの商品ですね。

毎度のことながら、この商品開発力には驚かされます。

第4位 亀甲型のお重に京仕立ての味。京菜味のむ 八坂の組 3段重

京都でおばんざい文化を発信する〈京菜味のむら〉。

今回紹介するは山中塗りの亀甲型のお重、その蓋には高島屋のアイコンである大小5つのバラ。

金地に赤のバラが目にも鮮やかな、高級感にあふれたおせち重です。

昆布巻、黒豆、海老、数の子といったお祝い料理はもちろん、蟹爪柚庵焼や豚角煮、すり身揚巻といった食べ応えのある料理もプラス

見た目の華やかさに負けていない素晴らしいおせちです。


購入者の口コミ

こうへい さん
評価:
二人でちょうど良い量です。
毎年、縁起物ということでおせちを注文するのですが、特別美味しくもなく、量が多すぎて残してしまうことが多くて。
今回もいつもと同じく2人前ということで注文したのですが、美味しすぎてその日になくなってしまいました。

 

第5位 金沢伝統の味を伝える<金茶寮>おせち料理 金澤 2段重

昭和8年、加賀百万石前田家の元家老 横山男爵が建てた別邸を譲り受け、建てられたのが金茶寮。

それ以降、旅の癒すスポットとして、2016年にはミシュランガイドに名を連ねるほどの料理旅館に。

金澤2段重は金沢のお正月の味を、全国の皆様へ伝えたい。そんな想いから生まれた、〈金澤〉の名にふさわしい重厚なおせち二段重です。

金沢の郷土料理である「治部煮」をはじめ、「ごり佃煮」「くるみ煮」など、北陸の味わいが満載。

車海老やからすみ、数の子などの高級食材に加え、スモークビーフや牛肉巻などの肉料理も入っているので、若い世代やお子様にもぴったりのおせちです。

 

購入者の口コミ

りか さん
評価:
これぞ金沢の味!
地元、金沢のおせちが味わえるということで注文してみました。
私の記憶している味よりも凄く美味しかったけれど、味わいは金沢の慣れ親しんだものでした。
地元の味を子どもにも食べさせることができて大満足です。

ただ、夫はいつものおせちの方が美味しかったと(笑)

 

最後に

年の初めに食べるおせち料理。

毎年特別ですが、今年は平成から令和へと移り変わった最初の年。

そんな特別な日に最高のおせち料理はいかがでしょうか?

海外の文化が入ってきたことと、角家族化が進んできた現代。

おせちの販売数も下降傾向にあると聞きます。

ですが、おせちはただの料理ではありません。

無病息災、子宝祈願など一年の健康や願いを祈って食べられる特別な食事です。

令和という時代を無事に健康にそして幸せに過ごすために最高のおせち料理を。

自分と家族の健康を祈りながらとるのはいかがでしょうか?

この記事を書いたライター

ようくん

給料の60%を食費に使う食の権化                
1989年山梨県生まれ。神奈川県在住(実家暮らし)。
食品会社にて商品開発をしながら投資を並行し生計を立てている。
食べるために稼ぎ(投資)、食べるために運動する(ダイエット)。
このように食に特化した人生を送る私の将来の夢は
「おいしい食を広め人々の笑顔を創り出す」ことです。 

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ