スポーツ選手が実践する動体視力トレーニング!実際に体験しました。

記事更新日: 2019/08/04

ライター: ようくん

この記事にこられたということは動体視力の重要性を理解されているということですね。

動体視力を鍛える。

簡単に聞こえますが、その鍛え方を知っている人はほとんどいません。

授業にクラブに部活にサークル。

私たちは小さいころからスポーツをする機会が与えられ、色んなトレーニングの方法を学んでいるているにも関わらずにです。

それはなぜなのか考えたことがありますか?

まさや

動体視力はそもそも鍛えられないからじゃないのかな?

10年間バドミントンやっていたけれど、動体視力のトレーニングなんてしたことないし。

ようくん

そう思ってもしょうがないよね。

動体視力に注目され始めたのが1970年のアメリカで始まったビジョン研究。

つまりは、割と最近になってからなんだ。

2019年3月突如を引退した野球界のレジェンドイチロー選手(44歳)。

50歳まで続けていくと明言していた彼が引退を表明した理由の一つが動体視力の低下であるといわれております。

そんなスポーツをする上で重要な動体視力。

どうやって鍛えるのか知りたくはありませんか?

まさや

子どもが野球選手になりたいっていってるから協力してあげたいけど。

ネットで調べた情報が多すぎでどれが本当かわからないんだよね。

そんな方に朗報です。

スポーツのプロが大絶賛!

動体視力を鍛える最新のトレーニング器具があるってしっていましたか?

現在、プロ野球の読売ジャイアンツ、広島東洋カープ、千葉ロッテマリーンズや、サッカーのJ1、ベガルタ仙台、

海外では、ドイツ・スイス、オランダの1部リーグのチーム多数やテニス、卓球、バスケットボール、ホッケー、

フェンシング、F1ドライバーなども導入済み。

スポーツのプロが使用している大人気商品ビジョナップの秘密について迫りました!

動体視力とは

動体視力とは文字通り、動いている物体を視線を外さずに持続して識別する能力。

動体視力には横方向の動きを識別するDVA動体視力と、前後方向の動きを識別するKVA動体視力がある。

咄嗟の判断が求められる緊急時やスポーツなどでは非常に重要と言われている能力です。

近年、動体視力は訓練により向上することがわかり、様々な方法でのトレーニングが研究されています。

※動体視力は年齢を重ねることで衰えていく傾向にあるといわれています。

まさや

動体視力って2種類あるんだね。

ようくん

そうだよ。

一応、ひとくくりにはされているけど測定方法や能力的にも全く違うものなんだ。

 

DVA動体視力について

等距離を保って左右へと横に移動する目標を認識する動体視力。

厳密には、等距離を保って左右や上下、斜めも含めた全方向に移動する目標が対象となる。

通常計測する場合は、水平方向に動くランドルト環を用いているといわれています。

※ランドル環とは視力検査でよく使われる円の一部が欠けたもの→C

バスケットボールやサッカー、ラグビーなど他の選手の動きを見ながら運動するスポーツでは特に重要な動体視力です。

 

KVA動体視力について

距離が前後方向に移動する目標物を認識する動体視力。

遠くから前方に近づいてくるランドルト環を用いて計測を行う。

野球やテニス、バドミントンなど高速でボールが飛び交うスポーツでは特に重要と言われる動体視力です。

 

動体視力を実感してみました!

まさや

うーん。

なんとなく重要なことはわかったけど、あんまりピンとこないな。

もう少し詳しく知りたいな。

ようくん

うーーん。

こういうのは説明するよりも実感してもらうとわかりやすいかもね。

というわけで、バッティングセンターで100キロと140キロに挑戦してみようか。


~100キロの場合~

シュー―ーーーカン!

シュー――――スカ。

シュー―――ーカン!

シュー―――ーカン!

ようくん

おおー!

結構当たるね。

まさや

球技は結構得意だったからね。

これぐらいなら朝飯前さ。


~140キロの場合~

シュ!

シュ!

シュ!スカ!

シュ!

ようくん

・・・どうだった?

まさや

見えなかった・・・。

機械が動いたと思ったらいつの間にか目の前を通り過ぎてて。

適当に振ってもやっぱり当たらなくて。

ようくん

動体視力が向上すると今まさやが見えなかった球もきちんと見れるようになるんだ。

それが動体視力を向上させるメリット。

これって結構凄いことだと思わない?

動体視力を鍛えることで得られるメリットは非常に多いといわれております。

見えないようなスピードのものを見ることが出来るようになったり、目で見るものの速度が体感的に遅く感じられたり。

つまりは、筋トレと同じくスポーツ能力の向上にも繋がるということです。

また、スポーツだけでなく、車の運転など咄嗟の判断が必要な時に必須の能力。

私生活にも役立つ能力のため鍛えておいて損はないでしょう。

※老齢になると運転免許の更新の際に動体視力を測るようになります。

 

動体視力の鍛え方

動体視力は目と脳を鍛えることによって向上していきます。

動体視力を向上させる方法としては、現在ビジョントレーニング・トレーニング専用機器・トレーニングソフト・ゲーム・アプリなどが有効と言われております。

それぞれの詳細とメリットについて解説していきます。

 

ビジョントレーニングとは

※画像の中にウォーリーはいません

ビジョントレーニングとは、眼球運動のコントロール能力、焦点合わせ機能、両目の協調機能、動体視力、立体視能力、奥行き認識能力等の視覚能力を向上させるトレーニング。

もともとアメリカ合衆国で空軍のパイロットの訓練用に開発されたトレーニング法です。

現在では様々なビジョントレーニングが考案され、本やネットでも簡単に調べることが出来ます。

具体的な方法としては、近くのものを見た後に遠くのものを見るというのを繰り返したり、子どものときにやったウォーリーを探せのような間違い探しもビジョントレーニングにあたります。

①目を意識的に高速で動かす。

②必要な情報を瞬時に探し出す。

以上のようなトレーニングすべてがビジョントレーニングに当たります。

 

メリット

・ネットや本など、様々な媒体に掲載されているため調べやすい。

・無料でできる

デメリット

・効果が出にくい

・結果がわからないため、実感しにくい

・すぐに飽きが来る

・スポーツなど、実践での効果と結びつきにくい。

・トレーニング塾が存在するが高額。
※効果がなかなかでないので、最終的に50万以上かかることも。

まさや

50万円って!

そ・・・そんなにかかるの!?

ようくん

まあね。

塾に関しては結構高額でひと月あたり10万円が相場だよ。

コースで30万円、50万円のところもあるし本当にお金がかかるよね(笑)

体験教室には行ってみたけど、やってることはネットでも調べられる内容だったしあまりお勧めはしないよ。

 

トレーニングソフト

ビジョントレーニングをソフト化したもの。

紙媒体でのトレーニングとは違い映像が動いたり、達成した時の結果や過去のデータが閲覧できたりと高機能。

脳トレや速読系のトレーニングソフトでも動体視力を鍛えることができるようです。

(上記の二つもビジョントレーニングと同じ内容のため)

 

メリット

・調べる手間がかからない

・トレーニングの結果が毎回出るため効果を実感しやすい。

デメリット

・効果がでにくい

・コスパが悪い(高額な割にソフト内に入っている内容が少ない)

・スポーツなど、実戦での効果と結びつきにくい。

・内容が少ないためすぐに飽きが来る

 

ゲーム・アプリ

基本的にトレーニングソフトと同じ内容のものにゲーム性を持たせたもの。

通常のトレーニングソフトと比べ、面白さにフォーカスしているところがあるため、結果が表示されないものも多い。

数も多く、無料のアプリも発売されるようになった。


メリット

・飽きにくい・飽きても変わりがたくさんある。

・調べる手間がかからない。

・無料のものが多い

・スマホアプリならどこでもできるため非常にお手軽

 

デメリット

・効果が出にくい

・効果が実感しにくい

・スポーツなど、実戦での効果と結びつきにくい。

 

まさや

えーと、全部効果が出にくいんだ?

ようくん

そうだね。

トレーニングに関してはすぐに上達するんだけど、実戦で実感するまでの時間が凄いかかるみたい。

まさや

実戦って?

ようくん

例えば、野球で球を打つときとか。

迫ってくるボールと、ビジョントレーニングでやる内容は全くの別物だからさ。

それにいくら球が遅く見えたとしても身体がついてこないんじゃ意味がないからね。

そういった意味で上記で説明したトレーンニングでは効果を実感しにくいし時間もすごくかかるんだ。

まさや

なるほど。

だったら、トレーニングするよりも実戦で鍛えた方が何倍も効果的ってことだよね?

ようくん

少し前まではね。

今はビジョナップっていう、実戦をしながら動体視力を鍛えることができる夢のトレーニング機器が開発されたんだ。

プロのスポーツ選手がトレーニングやウォーミングアップに取り入れているくらい凄いメガネなんだよ。

 

ビジョナップについて

ビジョナップとは動体視力やスポーツビジョンを鍛えることができるメガネ。

世界でも画期的なトレーニング機器として注目されています。

動体視力を向上させる手段の一つに、ストロボ効果があります。

これはストロボライトを激しく点滅させると、動いているものでもスローモーションのように見えるという現象です。

しかし通常、ストロボ装置を導入するには何十万円もかかり、暗い室内でしか使えないという欠点があります。

そこでもっと安価で手軽にトレーニングを実現するために開発されたのが、ビジョナップです。

見た目はスポーツグラスですが、レンズ部分に液晶の点滅システムを搭載することでストロボ効果やスローモーション効果を体感でき、誰でもボールの回転や軌道を見ることができるようになります。

また、点滅スピードや明るさなどが調整できるので、あえて点滅速度を落とし視覚に負荷をかけるというトレーニングをすることもできます。

金額は1個あたり4万2千円~5万円。

高額ではありますが、プロ野球の読売ジャイアンツ、広島東洋カープ、千葉ロッテマリーンズや、サッカーのJ1、ベガルタ仙台、

海外では、ドイツ・スイス、オランダの1部リーグのチーム多数やテニス、卓球、バスケットボール、ホッケー、

フェンシング、F1ドライバーなども導入済み

という実績があるため本気でスポーツに打ち込んでいる方や将来スポーツ選手を目指すお子様に人気の高い商品となっております。

まさや

・・・なんだか凄いメガネなんだね。

ようくん

うん。

スポーツのプロが個人的に認めているグッズは数あれど、チームで認めているグッズってほとんどないからね。

ビジョナップの有用性が見て取れるよ。

ビジョナップを実際に使ってみた

まさや

ストロボ効果ってよくわからないんだけど、どんな感じなの?

ようくん

じゃあ、実戦してみようか。

まずは目を開けて、目を閉じて、また開けてまた閉じて・・・・。

これを超高速で繰り替えす状態だよ。

 

ビジョナップはストロボ効果を自動で引き起こしてくれるメガネ。

トレーニングの際はこのメガネをつけたまま、トレーニングを1日15分。

週に3回以上することで効果を実感できるようになるといわれております。

プロが使用しているとは言え、本当に効果があるのでしょうか?

・・・・というわけで、この間、通販で購入したので実際に使って使用感や効果を解説していこうと思います。

 

使用感

まずは手に取った重みは普通のサングラスとそこまで変わりませんでした。

そこで調べてみたところ・・・・。

通常のメガネの平均の重さが35g。

ビジョナップの重さは55g。

通常のメガネよりも少し重くはありますが、気になるほどではありません。

つまりは、運動の邪魔になるようなものではありませんね。

まさや

ストロボ機能がついているのにそんなに軽いんだね。

ようくん

僕もびっくりだったよ。

ただ、スポーツをするときに着用するんだからこれくらいの軽さじゃないと駄目だよね。


実際に使ってみた

友人とのテニスの練習にて着用してみました。

私はこれでもテニス歴20年のベテラン。

追いつけない球はあっても空振りなんてことはめったにしません。

しかし、ビジョナップをつけてみたところ3回に1回は空ぶるという結果に。

ビジョナップをつけるとボールが遅く感じられ、合わせることが出来ずに空ぶることがしばしば。

10分くらいすると少しずつなれてきて空振りも少なくなってきたのですが、ボールの体感速度はいつもより遅く感じられます。

その後、15分たったので外してみたところ着用時とまではいかないものの、ボールが遅く。

いつもよりしっかり見えるような感じがしました。

これは効果が期待できそうです。

 

総評

使用した感じ重さもあまり感じられず、メガネとしても運動の邪魔になるような感じではありませんでした。

トレーニングの効果に関しては確かなことは言えませんが、普段の速度よりも遅く感じられました。

やはり、プロが使うだけあって凄いものだなというのが正直な感想です。

ビジョナップはこんな人におすすめ

ビジョナップを使うと動体視力が鍛えることが出来ます。

しかし、社会人になると運動もあまりしなくなるし、正直動体視力に頼る場面も少なくなってきます。

ではどんな方が使っているのかって気になりませんか?

というわけで、ビジョナップはこんな人におすすめ!という点について解説していきます。

 

スポーツが仕事のアスリート

スポーツと動体視力は切っても切り離せない関係にあります。

スポーツ選手はスポーツで勝つことが仕事。

つまりは、動体視力を維持・向上させることは非常に重要な要素となってきます。

ビジョナップのトレーニングをした結果打率が上がったという選手。

動体視力の衰えを理由に引退を考えていた選手がビジョナップを使ったおかげで現在も最前線で活動できているという投書も存在します。

スポーツが仕事のアスリートには特におすすめのトレーニング器具になります。

 

成長期の小中高生

動体視力は6歳から20歳までの間に急激に成長しその後衰えていくといわれております。

このことから、小中高生のスポーツビジョンの発達期にビジョントレーニングにより通常のピークをより高いレベルに上げておけば、加齢とともに落ちるとしても生涯高いレベルを保つことになり、大きなメリットになる。

つまりはスポーツ選手を目指す目指さないに限らず、ビジョナップを使うことはその後の人生に役立つということです。

もちろん、スポーツ選手を目指すのであれば、その有用性は計り知れないものになることはあえて語るまでもないでしょう。

 

中高年の方

年齢を重ねると動体視力が衰え、若いうちには当たり前に反応出来ていたことにも対処できなくなってきます。

それが顕著に表れるのが車や自転車の運転です。

年齢を重ねると、運転する方も周辺が良く見えずまた、急な事柄に対処ができなくなり運転することが怖くなるという話をよく聞きます。

そんな方がビジョナップでトレーニングをしたことで、運転中の視野が広がった。

運転するのが怖くなくなった。

なんていう感想をネットであげられておりました。

 

 

ビジョナップを使った一人でできるトレーニング法(動画付き)

まさや

凄いのはわかったんだけど、外でつけるのには勇気がいるかな。

クラブや部活中に着けるのも多分駄目だろうし・・・・。

ようくん

たしかに、サングラスをつけている人ってあまりいないからね。

そんな方のためにビジョナップでは自宅でさらに一人でできるトレーニングを紹介しているんだ。

良かったら参考にしてみて。

 

ビジョナップの口コミ

僕一人の感想だと偏りが出そうだから、プロのスポーツ選手の情報や一般の購入者の口コミ。

お子様が使った感想などをまとめて見ました。

興味のある方は参考にしてみてください。

 

ビジョナップを愛用するプロスポーツ選手

※ビジョナップ公式サイトより引用

北海道日本ハムファイターズ 近藤健介選手

近藤選手は、横浜高校から北海道日本ハムファイターズに入団。

2016年に80試合/291打席で0.265の打率でしたが、ビジョントレーニングをはじめた2017年には57試合/231打席で0.413の打率をマーク。

通算打席数が100打席以上の選手としての歴代最高打率をマークをし、出塁率.567という高水準の成績を残しました。

(残念ながら故障による離脱で規定打席数を満たせず公式記録とはなりませんでした。)

“幻の4割バッター”を呼ばれるゆえんです。

※ビジョナップ公式サイトより引用

クレー射撃トラップ競技チェコ共和国代表選手Mr. Kostelecky

2008年北京オリンピック金メダリスト。

2015年ワールドカップ優勝(史上初の連勝達成) 。

視覚の衰えを理由に一度は引退を覚悟したがプライマリー(ビジョナップの旧式)を使ったトレーニングで見事に回復。

その後、素晴らし成績を上げると共に、プライマリーの販売店としても活動中です。

ビジョナップ公式サイトより引用

スイス代表チームGKヘッドコーチ Mr. Patric Foletti

サッカーワールドカップ元スイス代表チームの正ゴールキーパー。

スイス代表チームのヘッドコーチをしながら、自分でGoalie Schule(GKの学校)を運営。

その学校でビジョナップを使ったところ、3週間で効果が表れた。

その後、スイス代表用に改めて10台購入をし現在に至る。

ようくん

他にもプロのテニス選手やアイスホッケーの選手。

バドミントンの選手や卓球の選手なんかも愛用してるんだ。

一般にはあまり知られていないけれど、本当に凄いメガネなんだね。

一般人の口コミ

 

 

ようくん

フィットネスクラブで取り入れているところがあるとは・・・。

それだけ、きちんとした効果が見込めるってことなのでしょうね。

 

お子様が使った感想(公式サイト引用)

サッカー 大阪府 12歳 男子 さん
評価:
最初は動体視力が上がってボールが、今は周辺視も上がって全体が良く見えます
最初は動体視力が上がってボールがくっきりと見えるようになって、リフティングやトラップが楽になりました。
今では周辺視も上がって全体が良く見えるようになって、敵や味方の選手の位置がパッと分かるような感じです。
遅かった出だしが、速くなった気がします。
バスケットボール 石川県 11歳 女子 さん
評価:
動体視力を鍛えると敵チームのパスが、良く見えるようになりました
前はパスされたボールを落とすことがあったけど、しっかり受け取れるようになりました。
パスを出す時もあまり迷わなくなってきたみたいです。
動体視力を鍛えると敵チームのパスも良く見えるようになって、カットできる回数が増えて良かったです。
試合するのがとても楽しくなりました!

まさや

しっかりした感想だね。

うちの子供とは大違いだ(笑)

ようくん

話を聞いて大人が文章にまとめたんだと思うよ。

ただ、調べてみると結構お子さんのために買われている親御さんが多いみたい。

指導に取り入れるチームも増えているし今後、プロを目指すうえでの必需品になってきそうだね。

 

 

ビジョナップ制作会社に聞いたビジョナップのよくある質問

先日、ビジョナップの制作会社の人にお話を聞く機会を作ってもらい、気になる点についてインタビューしてきました。

不安な点がある方は是非ご覧になってください。

 

Q1、ビジョナップの効果はどれくらいで実感できるのですか?

Mさん

効果は15分ほどで実感できます。

プロ野球の球団様では本番前のウォーミングアップの際に使われています。

継続的な効果を実感したい場合は2~3カ月以上はかかると思ってください。


Q2、息子に買ってあげたいのですが対象年齢とかはありますか?

Mさん

大人の視力に達すると言われる6歳を過ぎた概ね8歳以上であれば問題はありません。

動体視力のトレーニングは脳が発達しきっていない子供の方が効果が出やすいというデータもあるので、早いうちに使っていただけると効果を実感しやすいと思われます。

ちなみに、ビジョナップは大人用のものしかありません。

お子様のものを用意する場合は女性用のものを購入されるといいでしょう。

 

Q3、1日15分とありますが早く効果を実感したいのでもっと長くつけたいのですが。

Mさん

長期の着用は目と脳への負担となってしまうためお控えください。

筋肉トレーニングと同じように適度に続けていくことがなによりの近道となります。

 

Q4、ビジョナップは、本当に動体視力やスポーツビジョンの向上に効果があるのですか?

Mさん

国内の大学の教授など専門家による様々なテストで既に実証されています。

また、海外でも本格的な実証テストによる結果が学会で発表されています。

プロ野球やサッカーJリーグ、様々な種目の日本代表チームなど、トップクラスのアスリートからアマチュアのスポーツ選手。

小中学生から健康志向の高い中高齢者まで、幅広い層と年代の方々がお使いで好評をいただいています。

また、購入された方々からの喜びの声や、その方々の周りに新しいユーザー様がどんどん誕生していることは、その裏づけと思われます。

 

Q5、視力回復に効果はあるのですか?

Mさん

ビジョナップは視力(静止視力)を回復するツールではありません。

視力は、トレーニングでは回復できないというのが定説です。

(メガネ、コンタクトレンズなどで矯正することが可能です。)

 

Q6、メガネをつけたままビジョナップを使うことはできますか?

Mさん

メガネの上から使用するデザインにはなっていません。

ただし、特に大きめのメガネでなければ、メガネの上から装着して基本的な練習でお使いいただけます。

また、付属のヘッドバンドで少し締めていただき、ノーズパッドの開きを調整いただくことでフィット感を高めることができます。


Q7、ビジョナップをつけて目が悪くなることはないのですか?

Mさん

ありません、大丈夫です。

専門家による確認も取れています。 

ビジョナップは、液晶をON/OFFして”透明/半透明”を繰り返えし、”見える/見えない”を繰り返すだけです。

言うならば、瞬きをすばやく繰り返したり、目の前で手のひらを上下にすばやく振るのと同じ。

基本的に視力や健康に害を与えることはありません。

 

Q8、故障したら修理してもらえますか?

Mさん

もちろん修理可能です。

メーカー製品保証による1年間の無償修理だけでなく、保障期間終了後の有償修理にも対応させていただきます。

 

最後に

動体視力を鍛えるのはスポーツ能力向上に役に立つ。

この理論は一昔前では笑われ、現在でも一般の方には理解されない考え方です。

では、スポーツのプロの世界ではどうでしょうか。

通常の筋トレや実戦練習に加えて動体視力のトレーニングも当たり前に取り入れられています。

皆様も本気でスポーツをやりたい、上達がしたい。

子どもの夢をかなえたい。

昔からの慣習を信じるか進化するスポーツ理論を信じるか。

どちらが良いのかはわかりますよね?

 

この記事を書いたライター

ようくん

給料の60%を食費に使う食の権化                
1989年山梨県生まれ。神奈川県在住(実家暮らし)。
食品会社にて商品開発をしながら投資を並行し生計を立てている。
食べるために稼ぎ(投資)、食べるために運動する(ダイエット)。
このように食に特化した人生を送る私の将来の夢は
「おいしい食を広め人々の笑顔を創り出す」ことです。 

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ