【検証】ジュンビーピンクゼリーで失敗?!効果・口コミ・安全性は?

記事更新日: 2019/09/03

ライター: チピ子

チピ子

2人の子持ち!

3人目は女の子が欲しいチピ子です!

 

先日、ジュンビーピンクゼリーを使った友人からこんな報告がありました。

女の子希望の友人

1人目男の子だったから2人目はどうしても女の子が欲しかったんだけど、、2人目も男の子だった。。

ジュンビーのピンクゼリー使ったんだけど、失敗だったかなー?涙


チピ子

そうかー。。

わたしも3人目の産み分けでジュンビーを使おうと思っていたのでこの報告に少しがっかり。。

 

でも・・・この失敗談だけを聞いて「ジュンビーのピンクゼリーは効果ないんだ。。」と思うのはどうかと思い、

他社の産み分けゼリーと比較して検証してみることに!!

 

まずは、気になったのでジュンビーの口コミを見てみました!

《インスタグラムの口コミ》

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日本屋さんに行って、何気に妊活の本を見ていると、、、 ジュンビーのピンクゼリーが掲載されていました私も産み分けに成功した1人 産み分けゼリーの存在を1人でも多く知ってもらえたら嬉しいなっ ・ ・ #産み分け#産み分け女の子#妊活仲間募集 #妊活#妊活スタート#女の子希望#男の子ママ#女の子ママになりたい#女の子のママになりたい#女の子のママになれた#ジュンビー#ピンクゼリー#ジュンビーのピンクゼリー#ジュンビーピンクゼリー#産み分けゼリー#産み分け成功#産み分け体験#妊活サポートブック#妊活サポート

yurina tsugawaさん(@yurinatgw629)がシェアした投稿 -

 

《アマゾンからの購入者の口コミ》

私も妻もどうしても女の子が欲しく、1人目から産み分けにチャレンジしてきました。
女の子の産み分けゼリーと言えば以前からピンクゼリーはありましたが、湯煎が必要だったりと使い勝手が悪そうだったので、1人目と2人目の産み分けには他社の産み分けゼリーを使いました。
使い勝手は良かったのですが、残念ながらどちらも男だったので「まさか…」と思って余ったゼリーのpHを測ってみたら、まさかのアルカリ性寄りのpHで驚愕した苦い経験があります。 (女の子の産み分けゼリーはpHが弱酸性である必要があります。アルカリ性だと男の子が産まれやすくなるのです。)
元々子供は2人の予定だったので悩みましたが、こちらのピンクゼリーは使い勝手が大幅に進化したという点と、産み分けゼリーで初めて管理医療機器に認められたとのことなので、妻と相談して三度目の正直で産み分けにチャレンジすべく購入しました。

早速使ってみたいところですが、その前にゼリーのpHを測ってちゃんと弱酸性であることを確認しないと効果は期待できません。 (1本無駄にはなってしまいますが…。)
測定結果は、pH3.94の「弱酸性」でした。これなら効果が期待できそうです。
こちらのピンクゼリーを使って妻が妊娠したわけではないので最終評価はまだできませんが、とりあえず商品の品質は問題なさそうなので、期待を込めて星4つです。

どうしても女の子が欲しくて一年前に購入しました。最近病院で女の子と言われました!

男の子でした。 もちろん効果は100パーセントじゃないので仕方ないですね。

口コミをいくつか調べてみましたが、

ジュンビーの口コミは

「女の子ができた!」「男の子だった。。」という性別がどうだったかという口コミが多数!


チピ子

ジュンビーは「産み分けに失敗した」という口コミ自体が少なくて、悪い口コミをなかなか探し出せませんでした。。

 

また、他のゼリーでは「かゆくなった」というコメントなども見られたのですが、


チピ子

ジュンビーではそのような副作用についてのコメントも見られませんでした!!

 

この口コミだけを見ると「やっぱりジュンビーいいんじゃないか☆」と思いますが、

男の子になるか女の子になるかは、その方の体質や性交のタイミングなどもあるので、ピンクゼリーだけの責任には出来ず、

成功率はあまり信用ができません!

 

他社は何%の成功率と謳っているところもありますが、ジュンビーに問い合わせをしたところ、

ジュンビーの商品担当者

個人差があるので、成功率について適当なことは言えないことになっているんです。

 

との回答をいただきました。

 


チピ子

たしかに、使った方の年齢や性交のタイミングなどがよくわからないデータを集めて、何%の成功率と言っても本当にあっているのかよくわからないですよね。。

集めたデータの時期によっても成功率に差が生まれてしまうこともあるようなので、

企業が出している成功率は、産み分けゼリーに限ってはあまり当てにならなさそうです。。

 

そこで産み分けゼリーを選ぶポイントになってくるのは、

ゼリーの品質!!


チピ子

成功率や成功したよーという口コミよりも、

その商品が本当に安全なのか

副作用やリスクはないのか

信頼できる商品なのか

これが、身体に入れる産み分けゼリーにとって一番重要です!

 

今回は実際に産み分けゼリーを購入して、

ジュンビーピンクゼリーが信頼できる商品なのか徹底的に分析しています!


チピ子

メインはジュンビーピンクゼリーですが、

違いがわかるように、「ベイビーサポート」と「ハローベビー」の産み分けゼリーを比較して検証しています☆

容量・pH・形状は?
使い心地は?
安全性や副作用は?
つくってる会社の信頼性は?
保証制度は?
もちろん価格も!

 

友人は失敗してしまいましたが、

他の記事や口コミを読んでみても評価が高い「ジュンビーピンクゼリー!」

何がそんなに良いのか?

本当にダメなところ、悪いところはないのか?

 

ジュンビーピンクゼリーを使うかお悩みの方の疑問に

徹底的に答えていこうと思います!


チピ子

是非最後までご覧ください☆

実際に購入して検証!!

早速ですが、ジュンビーピンクゼリーを買ってみたので、


チピ子

口コミのように、形状や容量、pHについて検証してみたいと思います!

形状は? 使い心地は?

ジュンビーの公式サイトを見ると、POINT1とPOINT3に形状についての特徴が書かれています!

 

ピストンの押しやすさ(POINT1)

 


チピ子

挿入する時はこのような形で持つと思いますが、

力を入れることなくすんなり押すことができました。

他の容器と比較すると、持ち手の部分がジュンビーは少しだけ短いので、


チピ子

手が小さい方にはジュンビーが一番持ちやすいと感じました!

 

流線型の形(POINT3)

挿入のしやすさについては感じ方に個人差があると思いますが、実際に使用した友人に話を聞いたところ・・

「ジュンビーのピンクゼリーは抵抗感なく、スムーズに挿入できた」ということでした。

 

容器の長さ・太さ

容器の長さは約14cmで他の商品と比べても短めです。


チピ子

タンポンより少し細いくらいの太さなので、全く問題なく挿入できそうです。

※感じ方に個人差はあります。

 

ゼリーの粘度

ゼリーの粘度が固すぎても柔らかすぎても膣内で上手く広がってくれないので、

ちょうど良い固さかそうか見極める必要があります!

 

また男性にとっても、いかにもゼリーを使っていると感じると気分が盛り下がってしまうと思うので、ゼリーの粘度は意外に重要です。

肝心のジュンビーピンクゼリーの粘度は、写真のような形状で、柔らかくトロッとしていました。


チピ子

固すぎずちょうどいい粘性です!

他のゼリーと比べると、

粘度については一番さらっとしていました!

(ベイビーサポートは少し固め、ハローベビーは粘度が高すぎる気がしました。)


チピ子

形状や使いやすさについては、他の商品と比較し1歩リードしている印象です!

ジュンビーのピンクゼリーは湯煎の手間もなく、上の図のように簡単に使用できます!


チピ子

取り扱い説明書が他社よりもわかりやすかったです!

 

表記の丁寧さ

これはジュンビーピンクゼリーの箱と内袋の写真ですが、

それぞれにしっかり使用期限が書かれていました!


チピ子

箱だけに使用期限が書かれている場合、箱を紛失した際にいつまで使っても大丈夫なのか不安になることがありますが、

内袋にもしっかりと記載があれば安心ですね!

 

容量は?

膣内に入れるゼリーの内容量の目安は、

日本人女性は1.5~2.0ml程度欧米女性には4~6mlと言われています!

※実際に欧米で販売されている医療機器認証ゼリーの内容量は5ml前後のものが多くなっているそうです。

膣内のサイズや量として多い、少ないの感じ方には個人差があると思いますので、あくまで目安ですが、

ジュンビーのピンクゼリーの容量は1.7gと表記があります。

実際にスケールで測定してみました!

すると・・・

実際の重さも1.7g!!

実際の量を測定されている方は多いですが、確かにジュンビーは1.7gでした。

当然といえば当然の結果ですが・・・

 

しかし、この量で足りない場合もう1本使っていいかというと?

公式HPにこのような記載がありました。

ハローベビーは量が足りないと感じた場合にはもう1本使っても大丈夫ということですが、

ジュンビーは1本が限度だそうです。

 


チピ子

もし、はじめからこの量だと不安と感じる方は、

4.5ml入っているベイビーサポートをおすすめします!

ベイビーサポートの詳細はこちら>>

 

 

pHは?

pH値は産み分けゼリーを比べる際に最も重要な項目です。


チピ子

pH測定の前に、なぜpHが大事なのか?

女の子を授かる為の産み分けゼリーの仕組みについて簡単に説明します。

 

赤ちゃんの性別は、男性が持つ精子の種類(X精子とY精子)によって決まります!

※X精子→X染色体を持つ精子、Y精子→Y染色体を持つ精子

X精子とY精子のどちらかが卵子と受精することで性別が確定するのですが、X精子が受精すれば女の子、Y精子が受精すれば男の子を授かることができるのです!

ですので、

女の子が欲しい場合は

X精子を受精しやすい環境にしてあげる必要があります!!

 

そんなX精子やY精子ですが、それぞれ特徴があります。

■X精子(女の子)の特徴
  • 酸性に比較的強い。
  • 寿命が長い。(2〜3日)
  • 泳ぐスピードが遅い。
  • 数が少ない。 

 

■Y精子(男の子)の特徴
  • アルカリ性に強い。
  • 寿命が短い。(約1日 )
  • 泳ぐスピードが速い。
  • 数が多い。

 

男の子になるY精子は酸性に対して強くないので、

膣内をできる限り酸性に傾けることで、X精子が卵子に届きやすい状態をつくってあげる!

ことが女の子の産み分けには重要です。

 

通常、女性の膣内は外部からの雑菌の侵入を防ぐ為にpHは酸性で3.5〜4.5になっていますが、

排卵日が近づくと膣内のphが弱酸性から中性に傾きます。

 ※膣内のpHの傾きには個人差があります。

 

膣内のpHを弱酸性の4.0〜5.0の間に調整して、女の子の赤ちゃんを産み分けしやすくしているのが産み分けピンクゼリーです。

 

その為、

そもそも産み分けゼリーのpHが4〜5の間でないと女の子の産み分けに失敗する可能性が大きくなります!

 

公式HPによると、

ジュンビーピンクゼリーはpH4.5になるように設計されていました。

実際にリトマス紙を使って確かめてみると・・

写真だとわかりにくいですが、

ジュンビーピンクゼリーのpHは4〜5の間くらいでした!

 

実際のpHが4.5の弱酸性だったので、pHについてもジュンビーはクリアです!


チピ子

口コミや他の記事で言っていることは本当のようです。

 

《補足》産み分けゼリーがもし強酸性、強アルカリ性だったら・・

通常、女性の膣内は病原菌の増殖を防ぐために弱酸性を保っています。
しかし、排卵日の時だけ中性〜弱アルカリ性に傾くという現象が起こります。

その為、通常は弱酸性の膣内に、強いアルカリ性のゼリーが入ると膣内トラブルの原因となる可能性があるのです!
また、酸性が4以下の強酸性の場合も同様に膣内にトラブルが起こる上に、肝心の精子も死んでしまいます。。

ジュンビーのピンクゼリーは弱酸性だった為、あまり関係のない話ですが、

産み分けゼリーが女の子用はpH4〜5の弱酸性、男の子用はpH7〜8の弱アルカリ性でなければならない理由はここにあります!


チピ子

自分でpHを調べることはあまりないかもしれませんが、

もし、自分で確かめてこの範囲を超える産み分けゼリーだったとしたら、

間違いなく使用はしないほうがいいです!

 

■検証結果まとめ■

ピストンの押しやすさ・形状・長さ・使いやすさ:全くストレスなく使用できる!

ゼリーの粘度:固すぎず、粘りすぎずちょうど良い粘性。

容量:記載通り1.7g

pH:記載通りpH4.0〜5.0の間(弱酸性)

 


チピ子

実際に購入して測定した結果、

使用する人によって感じ方に個人差はあると思いますが、とても使いやすく安心して使える商品だと思いました!

公式HPでジュンビーピンクゼリーの詳細を見てみる>>

 


チピ子

しかし、この結果だけでは本当に安心して使えるのか情報が不十分です!!

なぜ選ばれているのか?

理由について検証してみました!

ジュンビーが選ばれている理由を徹底検証!

理由①:産婦人科医と共同開発しており、ピンクゼリーの成分も安心!

ハローベビーやベイビーサポートの産み分けゼリーは、産婦人科医などの監修は得ていませんが、

ジュンビーピンクゼリーは「医療の視点に基づいて産み分けゼリーを開発している!」という点が安心できるポイントのひとつです。

 

気になる成分については、公式HPに全成分の詳細を載せてくれていました。


チピ子

品質安定剤、いわゆる防腐剤についてまで丁寧に説明を記載してくれているので、とても誠実な印象です。

 

成分については、本当に安全なのか専門の方以外は見極めるのがとても難しいと思いますが、


チピ子

この中で最も気になる物質は、品質安定の為に使われている

「パラオキシ安息香酸メチル」ではないでしょうか?

品質安定=防腐剤

防腐剤と聞くと、あまり良いイメージはないですよね??


チピ子

「パラオキシ安息香酸メチル」とは、別名「メチルパラべン」のことなのですが、

本当に安全なのかが気になります!

ということで調べてみました!

化粧品、食品、医薬品には微生物による汚染を防ぐため、防腐剤が使用されることがあります。 中でも、パラベン類は人体に対する毒性が低く、微生物、特にカビや酵母に対して効果的であるために良く使用されています。

パラベンは古くから使用されていたことから、その効果や安全性に関する情報が数多くあります。

また、パラベンは他の防腐剤に比較して低い含有量で優れた効果を示すことに加え、急性毒性、皮膚刺激性、眼刺激性などの毒性がほとんど認められないことが特徴と言えます。

パラベン以外の防腐剤の中には、低い含有量では十分な防腐効果が得られず、そのためパラベンと同じ効果を出すために含有量を上げれば刺激性などの毒性が強く表れるような物もあります。

参照:上野製薬株式会社HP

「パラオキシ安息香酸メチル」は化粧品だけでなく、口に入れる食品や医薬品にも使われている防腐剤のようです!


チピ子

毒性がほとんど認められないというのは安心ですね!

 

また、こんなことも書かれていました!

現在、パラベンは化学合成で作られていますが、パラベンは天然物中にも広く存在していることが知られています。

植物中のパラベンやパラヒドロキシ安息香酸はポリフェノール類に分類されますが、

我々の身近な野菜やフルーツにも広く含まれていることが古くから知られています。

近年ではニンジン、トマト、あるいは菜種油、オリーブ油などの植物の抗菌作用や抗酸化作用が注目されていますが、それらの中にもパラベンやパラヒドロキシ安息香酸が含まれていることが分かっています。

パラベンは体内に取り込まれると容易に分解されて、代謝物である『パラヒドロキシ安息香酸』に変化して速やかに体外に排出されることが知られています。

参照:上野製薬株式会社HP

普段食べている食べ物にも含まれていて、

尚かつパラベンは速やかに代謝されて排出されることがわかっているそうです!!


チピ子

この情報は驚きでしたが、これならパラオキシ安息香酸メチル(メチルパラベン)が入っていても安心!

ということが言えますね!

 

次に気になった成分は、

エデト酸二ナトリウム」です。

医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される

日本薬局方に収載 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載

10年以上の使用実績

皮膚刺激性:ほとんどなし

眼刺激性:ほとんどなし

皮膚感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、配合上限濃度以下および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

参照:化粧品成分オンライン

難しい言葉が並んでいますが、パラベンほどの安心感は得られないものの、


チピ子

一定配合量以下であれば問題のない成分だということはわかりました。

 

防腐剤は本当に安全なのか気になることが多いですが、

防腐剤が産み分けゼリー入っていないと、品質に大きな影響を与えてしまう可能性もあります!

もしも防腐剤が入っていなかったら・・

もし産み分けゼリーの中に防腐剤が入っていなければ、どうなると思いますか?

菌がすぐに繁殖し、

品質が落ちてしまうことが考えられます。

 

産み分けゼリーには使用期限がありますが、どこのメーカーも使用期限を2年までと設定していることがほとんどです。

しかし、もし防腐剤を使用していなかった場合には、この期限も数ヶ月に短縮され、

保存状況が悪い場合には、数日で品質が低下してしまうこともありえます!

 

そんな品質が劣化した産み分けゼリーを使い続けていたとしたら、、

どうでしょうか?

膣内や膣まわりにトラブルが生じたり、胎児にまで悪影響を与えてしまう可能性も・・

 

防腐剤は良い影響があるとは言えませんが、

防腐剤がなければ、「膣内のトラブル、胎児に悪影響を及ぼしてしまうかもしれない!」と考えるととても恐いですよね。。

だから、

防腐剤は少なからず一定量は必要な成分です!!


チピ子

防腐剤無添加の産み分けゼリーは存在しない為、防腐剤の中でも安心できる種類の防腐剤を使用しているメーカーのものを選びましょう!!

 

その他の成分については、

【保湿】グリセリン・ヒアルロン酸ナトリウム

【粘性アップ】ヒドロキシエチルセルロース

【膣内環境】乳酸

【pH調整】クエン酸ナトリウム

特に副作用になるような成分は見つかりませんでした!

公式HPにもしっかり副作用についてのコメントがありました!


チピ子

ジュンビーのピンクゼリーは天然の成分を配合してつくられているそうなので、成分についても安心して使うことができそうです!!

産婦人科医監修!ジュンビーピンクゼリーの詳細を見てみる>>

 

理由②:膣に入れても問題なし!管理機器認定を受けているのはジュンビーだけ!

ピンクゼリーは膣内に挿入して使うものなので、安全性は重要視したいものですが、

ジュンビーのピンクゼリーについては、

「雑貨」ではなく「管理医療機器認証」を受けています!


チピ子

管理医療機器認定??

例えば、同じ膣内に挿入する、「タンポン」や「コンドーム」も実は管理医療機器の認証を受けているそうです!

「管理医療機器」とは、高度管理医療機器以外の医療機器であつて、副作用又は機能の障害が生じた場合において人の生命及び健康に影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。

管理医療機器はクラスⅡに分類され、薬事法第23条の2第一項の規定による基準が定められた管理医療機器(指定管理医療機器という)は、第三者登録認証機関による認証を必要としますが、それ以外の管理医療機器は厚生労働省による承認が必要です。

参照:医薬品医療総合機器機構

難しく定義されていますが、要するに!!

管理医療機器認定を受けているということは、「厚生労働省からの承認を受けている」ということです!!


チピ子

必ずしも産み分けゼリーが管理医療機器認定を受けてなければいけないと言うわけではありませんが、

「厚生労働省が認めている」かつ「膣に入れても大丈夫」というお墨付きをもらっている点で、

安心感だけでなく、衛生面も信頼できますね!

(ハローベビーやベイビーサポートは管理医療機器認定を受けていない「雑貨品」扱いになるということでした。)

管理医療機器認定を受けているのはジュンビーだけ!公式HPで詳細を確認>>

 

理由③:こだわりぬいた独自開発の容器!

容器の形については既に検証済みですが、

容器の素材として使われているPP(ポリプロピレン)についてもジュンビーの産み分けゼリーにはこだわりがありました!

ポリプロピレンは耐熱性や電気特性が良く非吸湿性であり、耐薬品性、耐ストレスラック性に優れています。

また、成形加工の容易さとバランスの取れた物性から、幅広い分野で使用されています。

ポリプロピレンの長所としては、

①成型加工性に優れる、②電気絶縁性が良い、③ヒンジ特性、④耐水性、⑤耐薬品性、⑥耐ストレスクラック、⑦低比重(軽い) などがあげられます。

一方、短所としては、

①低温では衝撃に弱い、②耐候性に劣る、③帯電性、④そり、ヒケが出やすい、⑤印刷・塗装・メッキがしづらい などがあげられます。

参照:東静容器株式会社H P

 要するに!

ポリプロピレンは、水や薬品に耐性があり、吸湿性がない!

その為、


チピ子

品質を維持したまま長期間の保存が可能ということです!

※熱には強いけど光には弱い!という特徴もあるので、直射日光には注意する必要があります!

 

今回、実際に購入したジュンビーのピンクゼリーは使用期限が8月末だった為、使用期限はギリギリでした。

しかし、それでも容量やpH、ゼリーの粘度などに全く問題がなかったのは、

この容器の素材がPP(ポリエチレン)だったからいうことがひとつの要員として考えられます!


チピ子

成分だけでなく、容器にまでこだわりがあるのは驚きです!!

 

理由④:会社のHPにさらっとすごいことが書いてあったから!

「ピンクゼリー」はジュンビーの登録商標です!!

産み分けゼリーについて調べるまでは、どの商品も産み分けの女の子用のゼリーは「ピンクゼリー」と言っていいものだと思っていました!


チピ子

でも違ったんです!

「ピンクゼリー」と名乗って良いのは、

産婦人科で産み分けの際に処方されるこちらのピンクゼリーと、

市販品ではジュンビーのピンクゼリーだけ!!

 

特許庁に正式に認可された登録商標!!


チピ子

これってすごいことなんです!

 

簡単に特許の仕組みについて説明します。

商標登録とは?

商標登録とは、わかりやすくいうと、商品やサービスにつけるネーミングやロゴを特許庁に登録することです。

例えば、

有名なネーミングやロゴの多くは、商標登録がされています。

また、商品のネーミングやロゴだけでなく、会社名を商標登録することもあります。

特許庁に商標登録出願をすると、商標登録を認めてよいものであるかどうかについて、審査がおこなわれます。

審査の結果、商標登録を認めてもよいと判断された場合は、特許庁に登録料を納付することで商標登録がされます。

参照:特許庁

 商標権は、登録された商標を、予め指定した商品・サービス(指定商品・指定役務といいます)について独占的に使用することができる権利です。

また、商標権者ではない第三者は、登録商標と同一又は類似する商標を、指定商品・指定役務と同一又は類似する指定商品・指定役務について使用することができません。

参照:ライトハウス国際特許事務所

 

確かに、ハローベビーやベイビーサポートでは「潤滑ゼリー」や「産み分けゼリー」という表記はあるものの、

「ピンクゼリー」という表記はありませんでした。

 

「ピンクゼリー」という商標を取るには時間もお金も労力もかかります!


チピ子

そこまでして商標登録を獲得したジュンビー株式会社は、

産み分けゼリーに対しての情熱のかけ方が違いますね!!

 

また、そんな「ピンクゼリー」をつくったジュンビー株式会社は、子育て中の現役ママや、ママ経験のあるスタッフが運営する

「ママ活サポート専門会社」です。


チピ子

2015年にできた会社で比較的新しいですが、「ピンクゼリーの特許」「管理医療機器認定」を受けるなど、

本格的な産み分けゼリーをつくっている点がとても信頼できますね!

 

また、ジュンビーが販売している他の商品には「ママジュンビー」という妊活サプリや「葉酸サプリ」もあります。

『ママジュンビー』は、米国ISNF・JNF認定サプリメントアドバイザーである柳田幸子さんが商品開発責任者として開発した、ベビ待ち女性のカラダのバランスを整えることを最大の目的としたサプリメントですが、、


チピ子

驚くべきなのは、

実際にベビ待ちをしているママが選ぶサプリメントのランキングでは堂々の1位を獲得していることです!

高吸収型イソフラボン「アグリマックス」を始め、授かり応援5大成分として「マカ」「ヒハツエキス」「ザクロ花エキス」「ルイボス」「金時ショウガ」を配合し、ベビ待ち中の女性を強力にサポートいたします。

参照:ジュンビー株式会社公式HP


チピ子

医薬品レベルの徹底管理されたGMP認定工場で製造し、第三者機関による厳しい放射能検査も定期的に実施して厳しいチェックをクリアした商品とのことなので、

産み分けゼリーと併用して飲用すると、子供を授かるという点では更に効果が期待できそうです!!

ジュンビー株式会社は妊活に特化した会社であり、ピンクゼリーについても、妊活サプリについてもとても力を入れて商品開発をしている会社だということがわかりました!


チピ子

信頼できる会社だということがわかると、商品も安心して使用することができそうですね☆

安心して使えるピンクゼリーが欲しいなら☆公式HPを見てみる>>

 

理由⑤:期限が切れても安心!新品交換制度があるのはジュンビーだけ!


チピ子

この制度は他の会社にはないので本当に驚きました!!

公式サイトから購入すれば、

例え期限が切れてしまっても1本単位で交換ができるサービスを用意してくれているんです!

 

そもそもどうしてこのようなサービスを設けたかというと、

「あえて使用期限を短くしているから」だそうです!!

あえて短くする必要なんて本当はないのに・・・

ジュンビー商品担当者

大切な身体にいれるものなので、「新鮮なものをユーザー様に使用してほしい」という想いからこのサービスをはじめました!

とのこと。。


チピ子

さすが、妊活専門会社は違いますね。。

このサービスには衝撃でした!!

交換にも一応条件があるのですが、

①公式サイトで購入し、かつ②2、3箱セットで購入してくれることが条件だそうです!!


チピ子

公式サイト以外の場所からの購入だと適用されないのと、1箱購入でも交換できないとのことなので、

購入の際は要注意です!!

新品交換制度が適用されるのは公式HPだけ!詳細はこちら>>

 

ジュンビーピンクゼリーはどこで買える?

公式サイト

公式サイトで1箱購入をした場合は14800円+税なので、15984円かかります。

尚且つ、送料が756円、更に代引きを選択した方は更に432円かかってしまうので、

合計で16740円〜16782円かかってしまう計算です。


チピ子

2箱、3箱購入だと送料無料になり、特典もついてくるのでお得に購入ができますが、公式サイトでの1箱購入はあまりお得感がないようです。

 

アマゾン

プライム会員であれば、送料無料で税込15984円なので、公式サイトよりも安く購入ができます!

 

楽天

取り扱いなし

 

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングでは、公式サイトと同じ価格、更に送料も同額なので、16740円で購入できます。

 

メルカリ

メルカリを覗いてみましたが、「ジュンビー」で検索しても男の子産み分け用のグリーンゼリーは確認できましたが、

そもそもピンクゼリーの販売が少ないようでした。

 

また、「ピンクゼリー」でも検索してみましたが、他社の産み分けゼリーは見つかったものの、ジュンビーピンクゼリーは販売に出している方がほとんどいませんでした。

 

結論!!

1箱だけ試してみたいという方はプライム会員ならアマゾンが最安値です!

しかし、

商品の品質については公式HP以外は保証できないと記載があるので、購入の際はご注意ください!!

 

公式サイト以外では、コピー商品などの販売もあるそうです。。


チピ子

大切な身体に挿れるもの、かつ赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるかもしれないなので、品質や使用期限についても安心な公式サイトでの購入がおすすめです!

公式HPなら安心!詳細はこちら>>

 

一番お得な購入方法は?

 

公式サイトで購入すると、こんな特典があります!!

◆お得な特典

2箱以上購入が条件で・・・

  • 葉酸サプリがついてくる!
  • おめでた報告で、返品したら現金が返ってくるキャッシュバックキャンペーンがある!
  • 期限が切れても交換可能な90日間新品交換保証が付いてくる!
  • もちろん!送料、代引き手数料も無料!

 

1つずつ詳しく見てみましょう!!

葉酸サプリがついてくる!

「葉酸サプリはもう飲んでいるし、関係ない!いらないよ!」と思われるかもしれません。

「ジュンビーの葉酸サプリなんて聞いたことないし本当に安全なの?」と思われる方もいらっしゃると思います!

でも・・・


チピ子

ジュンビー葉酸サプリも見逃せないポイントがたくさんあったんです!

※チピ子は管理栄養士なので、栄養成分や容量についてしっかりチェックしました!!

 

「ジュンビー葉酸サプリ」も「ママジュンビー」と同じく、米国ISNF・JNF認定サプリメントアドバイザーである柳田幸子さんが商品開発責任者として開発されました。

この葉酸サプリの特徴として「すごい!」と思ったのが、


チピ子

効率よく他の栄養素を摂取できるように「乳酸菌」を配合しているという点です!!

 

葉酸自体が吸収率の良いモノグルタミン酸型を配合しているのは、他のサプリでも同じものはありますが、


チピ子

「乳酸菌」を配合することで、更に効率よく葉酸や他の栄養素を吸収できるようなサプリメントは他に聞いたことがないので驚きました!

葉酸以外のサポート成分として、お米由来の植物性乳酸菌「乳酸菌K-1」を始め、14種類の野菜を中心にビタミン・ミネラルを、またママ活中の女性に不足しがちな鉄分・カルシウムをバランスよく摂取できるように配合しています。

参照:ジュンビー株式会社公式HP

 

もちろん無添加で、医薬品レベルの徹底管理されたGMP認定工場で製造し、第三者機関による厳しい放射能検査もクリアしています!


チピ子

特典で付いてくるサプリメントはなんとなく抵抗感があると思いますが、

ジュンビーの葉酸サプリは試してみる価値大ありです!!

 

ジュンビー葉酸サプリが気になる方はこちら>>

 

おめでた報告で、返品したら現金が返ってくるキャッシュバックキャンペーンがある!

ジュンビーの優しいところは、2箱、3箱と多く購入したけど、

1箱目で赤ちゃんを授かった場合にはキャッシュバックがあるというところです!

 

ハローベビーやベイビーサポートにもキャッシュバックや商品券などの特典はありますが、ジュンビーの特徴は、

エコー写真をもらっただけでキャシュバックが受けられるという点です!


チピ子

他社の商品では、キャッシュバックを受けられるのが遅いなどという意見が多数見られますが、

ジュンビーについては比較的早くキャッシュバックが受けられるそうです!

しかし、1点注意したいのは、HPには詳しく記載がありませんでいたが、

箱を開けてしまうとキャッシュバックは受けられません!

 

1本2本と本数単位で余ってもキャシュバック対象にならないというのは残念ですが、

「1箱(10本)残して子供を授かることができれば、1万円のキャシュバックが受けられる!」というのはありがたいですね☆

 

期限が切れても交換可能な90日間新品交換保証が付いてくる!

これについては先ほども説明しているので、詳細は省略します。

 

もちろん!送料、代引き手数料も無料!

1箱購入では送料も代引き手数料もかかってしまいますが、

2箱以上の購入であればこれが全て無料になります!

 

2箱以上を公式サイトで購入するのが一番お得☆

1箱購入は、送料もかかる上に、残念ながら上記のサービスは受けられません。。

 

2箱購入すると、乳酸菌やママが不足しがちな栄養素をまんべんなく配合した葉酸サプリが1つおまけで付いてきます!!

1本あたりの価格は、1330円です!

 

3箱セットは葉酸サプリが2つもらえる上に、

1本あたりの単価も1箱購入に比べて200円もお得な1280円です!


チピ子

はじめからキャッシュバック目的で3箱セットを購入するのもありですね!!

 

公式サイトなら使用期限の心配なく、葉酸サプリや保証制度がしっかりついてきます!!

 

補足ですが、他社の商品と比較すると・・・

 

ハローベビーは2箱、3箱購入で1つ妊活サプリが付いてくるという点は似ています。

1本あたりの価格は

2箱購入の場合:1646円

3箱購入の場合:1554円

 

ベイビーサポートの1本あたりの価格は

2箱購入の場合:1577円

3箱購入の場合:1380円

 

商品の中身や内容量が異なるので、一概に「ジュンビーピンクゼリーが一番お得です!」とは言えませんが、


チピ子

2箱、3箱購入の1本あたりの単価を比べて見ても、

「他社商品に比べて安い!」ということがわかりました!

葉酸サプリもついてくるので、更にお得ですね!

2箱以上の購入がお得☆公式HPを見てみる>>

 

キャッシュバックについて不安に思われている方へ☆裏技を伝授!

「箱を開封してしまって本数単位で余ってしまった。。」もう使わないしどうしよう。。

①今後産み分けを考えているお友達にあげる(売る)

②メルカリなどのフリマアプリでバラ売りする!


チピ子

私も「いいね」などをつけて動向を見てみましたが、以外にすぐメリ狩りで売れてます!!

購入は公式サイトで、メルカリはお小遣い稼ぎに使うのがおすすめです☆

幸いなことに公式サイトで2箱以上購入した場合には90日間の新品交換制度があります!

期限が切れてしまってはお友達にあげることもメルカリで売ることもできないので、

新しいものと交換してから他の人に譲りましょう!!


チピ子

このような裏技を使えば、損することがありません!!

〜まとめ〜

ジュンビーは、口コミや他の記事でも評価が高いことが多かったので疑って調べてみましたが、


チピ子

調べれば調べるほど、

「信頼できる会社」

「安心安全な商品」

だということがわかりました。

ジュンビーの唯一の欠点は

信頼できる商品とはいえ、2017年の発売からまだ2年ほどしか経っていない。

(市販品ではハローベビーが2013年、ハローベビープレミアムが2016年、ベイビーサポートが2018年に発売を開始している)

キャッシュバックに関して、余った時に箱が未開封でなければならない。

という2点です。

 

しかし、

「他の商品と比較しても安心できる点が多い!」ので、


チピ子

私も3人目の妊活の際にはジュンビーを使うことを決めています!

不安な点が少ないというところが決めてです!!

お得なキャッシュバックや新品交換制度もあるので、「産み分けゼリーを使ってみたい」とお考えならば、

わたしはジュンビーをおすすめします!

女の子を授かりたいなら☆1本1280円〜のジュンビーピンクゼリーを試してみる>>

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ